リスニング力アップするには、これだけ知っといて

英語の音声をどうしても聴き取れないという人は、まず自分のリスニング力がどういう状態(レベル)にあるのかを明確に分析する必要があります。それをしないから、ただガムシャラに英語を聞き(流し?)、いつまで経っても「聴き取れない!」と悩むわけですね。まず「英語が聴き取れない」という状態は、英語の「音」そのものが聴き取れていない場合と、「音」が聴き取れていても「意味」がわからないという場合の二つに分けられます。

「音」そのものが聴き取れない場合:
英語の音声そのものが聴き取れない状態というのは、簡単に言えば英語の音声自体に慣れていない状態を指します。英語の音声には特有のリズム、アクセント、サウンドがあります。これらについてはまず「慣れる」ことが一番の対策となりますので、リスニングがどうしても苦手という人は英語の「音」的な要素のみに集中して、その特徴を自分なりに探してみると良いです。「自分なり」と書いたのは、こういうものは本を読んで知るだけでなく、自分の力で、自分の肌で感じてみないと実際の感覚が体得できないからなのです。

音が聴き取れても「意味」がわからない場合:
英語特有の「音」が聴き取れても「意味」がわからないという人は、英単語や熟語といったボキャブラリー的要素が不足しています。しかも、ここで言う「ボキャブラリー」というのは、一般的な「書き言葉」のボキャブラリーではなく、「話し言葉」のボキャブラリーというちょっと特殊なボキャブラリーのことを指します。これは「音的」なボキャブラリーと言っても良いかと思いますが、要するに単語集や本に書いてある一般的な語彙だけでは到底太刀打ちができないものです。

では、英語を母国語としない日本人がどのようなメカニズムで英語の音声を理解していくのか、という話になりますが、これは単純明快で、要するに自分の頭の中にすでにある(=知っている)単語や表現と、耳から入ってくる英語音声の情報とを照らし合わせて理解していくわけです。つまり、リスニング力の高い人というのは、頭の中に入っている単語や語句、表現の量が多いといえます。ただ、勘違いして欲しくないのは、その単語や語句、表現といったボキャブラリー要素も、ここで言うのは「音的」なボキャブラリーであるということです。

従って、リスニング力を高めようとする時、一般的な単語集や熟語集などの「書き言葉」的なボキャブラリーばかり構築してもダメなんです(もちろん、それも必要ですが「それだけ」では不十分と言えます)。よく、TOEICや英検、大学受験などの対策のために非常に多くの単語や熟語を暗記している人が、「読み」「書き」では点が取れても「リスニング」となると自信がなくなるというのは、要するにこれが原因なんですね。

そして、この「音的」なボキャブラリーに関しては、一般の書籍などでは具体的な構築法などを説明していません。リスニングにおいては、一番大切な要素であるにも関わらず、ほとんどの日本人がそこに目を向けていないのです。非常にもったいない話ですね。私の英語英会話マニュアルでは、特に第二巻「リスニング編」において、この「音的」なボキャブラリーについて、その意味から構築法、実際のリスニングでの適用法に至るまでを詳細に説明、ご紹介しています。リスニング力を一気に伸ばしたい人こそ今すぐ読んでみて下さい。

 




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年6月22日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ