ディクテーションの効果的な実践方法

今日は「ディクテーション(書き取り)」に関するご質問への回答です:


ディクテーションについて教えいただけますか?

効果のある勉強方法の一つにディクテーションがありますが、(と巷の話では聴いております。)渡邊さんは、どのように思われていますか?TOEICのスコアアップにも良い勉強方法の一つでしょうか?


私のメルマガ読者であれば知っている人がほとんどだと思いますが、ディクテーションというのは英語の音声を聴き、それをすべて書き取るトレーニングです。現在のレベルに合わせて英語音声の内容、スピード、書き取り方(音声を何度も聴くのか、それとも一回だけなのか等)を変えて行います。

ディクテーションは高負荷のトレーニングですので、効果についてはとても高いと言えます。ただし、その分難しく感じる初心者の方もいらっしゃいますので、挫折する恐れもありますね。しかし「やり方」を工夫することで、より楽しくトレーニングを進めることが出来るはずです。

まず初心者~中級者であれば、英語の音声を何度も何度も戻して聴き直しながら書き取って下さい。たまに「巻き戻しはダメ」と説明している人がいますが、それはかなり上級者向けのトレーニングと言えます。最初は何度も戻って構いません。

で、ディクテーションって一体何のためにやるのかな?って思われる方も多いと思います。リスニングのトレーニングなのかな?って思われる方も多いでしょうが、もちろん、英語音声を聴いてそれを書き取る練習なのでリスニング力も向上しますが、それよりももっと重要な効果として「書き言葉」と「話し言葉」の違いを知ることと、自分の知らない「未知の」新しい英語表現、単語、語句を知ることが挙げられます。

従って、ディクテーションでは英語教材のCDや海外ニュースなどの原稿(スクリプト)のある音声だけでなくYouTube等で手に入るネイティブ同士の生の会話といった音声も使ってみると良いんです。すると「書き言葉」の英語と「話し言葉」の英語の違いが顕著にわかるようになります。

そして次に重要なのが、「英語音声における」新しい(自分にとって未知の)表現、語句、単語等を知ることです。これは単語集とか、辞書とか、そういう「書き言葉」を扱ったものだけでは補えない、実際の英会話などで役立つ「話し言葉」のボキャブラリーというものですね。これを身につけるにはディクテーションが一番なのです。

ところでTOEICのスコアアップにディクテーションは役立つか?というご質問ですが、もちろん高負荷のリスニング・トレーニングとして捉えれば役に立たたないことはありませんが、TOEICのリスニングでは一つ一つの語句を確実に聴き取る力よりは、全体の音声の中から必要な情報だけを聴き取る力(情報検索力)が求められます

従って、TOEICのリスニングを目標とされているのであれば特にディクテーションだけにこだわる必要はないです。むしろ、英語の音声を聴いて、その要点やキーワードだけを捉えるような聴き方を訓練された方が良いですね。ただし先ほども書きましたが、いわゆる「英語音声向け」のボキャブラリーというものはディクテーションを通じてのみ知り得ることが出来ますので、並行してやってみても良いでしょう。なお、ディクテーションに用いる音声は短いもので構いません。出来れば答え合わせが出来るスクリプトつきの音声を用意するとベターですね^^ 頑張って試してみて下さい!

渡邊式ディクテーションの詳細は英語英会話マニュアル教本内でご紹介しています。「話し言葉」のボキャブラリーって何?という人は是非読んでみて下さい。

 




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ