英語でそのまま理解し表現するって?

続いて今日も読者からの質問特集です^^:


英会話教室のネイティブ講師に日本語で考えちゃダメと言われました。
いつもそう言われてるのですが、よく意味がわかりません。日本語で考えないと英語で話すのも聞くのもむずかしいです。


良い質問ですね。「日本語で考えない」「英語のまま理解する」なんてのは、ほとんどの英語教育者、英語本、英会話講師の常套句です。もちろん、私もたまに言います^^;今、英語を話せるようになっている日本人というのは、おそらくその感覚が理解出来ると思うのですが、まだ英語を話せない人や、英語が本当に苦手な人にとっては想像さえ難しいことと思います。

だって、「日本語で考えず英語のまま理解」出来るんだったら、英語の勉強もトレーニングも必要ないですからね。それが出来ないから、高いお金を払ってスクールに通っているわけで…。一つのパラドックスのようなものなのです。で、一つ良いアドバイスを差し上げますと…。

日本語で考えちゃって構いません

ハイ。日本語で思いっきり考えていいですよ。スピーキングだってリスニングだって、別に英語のまま理解する必要はないんです。だって、私たちは「日本人」ですからね^^ この「日本語を介さずに英語で理解・表現する」というのは、言ってみれば全ての英語学習者の究極のゴールのようなものです。それが最終目標というわけ。きっと英会話講師も「その状態」がわかっているから、それを目指すべく、日本語で考えないようにしなさいと言っているわけですね。

従って、これは最初からやろうと思って出来るものではないということを理解して下さい。むしろ最初のうちは「日本語で考えてはいけない!」と強迫観念のようなものを持っていると、必ず英語の勉強がイヤになって途中で挫折してしまいますから。そんなバカバカしい強迫観念を持つことはないです。私たちは日本人ですから、英語を英語のまま理解しなくても良いのです。日本語でじっくりと考えてみて下さい。そして、英語力が身に付くうちに徐々に「英語のまま理解できる」瞬間が多くなるのに気付くはずです。これの繰り返しで、最終的には日本語をまったく介さずに、英語を英語のまま理解し、表現できるようになるわけです。

本当になるのかなぁ?と、最初のうちは思うかも知れませんね^^ しかし、人間の潜在的能力っていうのは私たちの想像を遥かに超えています。やって出来ないことはないんです。そして、それは今の英語力や才能とか能力に一切関係なく、誰でも、どんなに英語が苦手な日本人であっても、平等に花開くものなんです。

その方法と手順を具体的にまとめたのが私の英語英会話マニュアル教本です。手っ取り早く「日本語を介さずに英語を英語のまま理解し表現出来る」状態になりたい方は、是非今すぐ読んでみて下さい。

 




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ