重要なのは話している「内容」なんです

「英語を話せるようになるためには何をすべきですか?」という質問に、あなたならどう答えますか?英語を話せるようになるには(または、英語力を身につけるためには)…

-出来るだけたくさんの語彙を身につける
-出来るだけ詳しく英文法を知る
-出来るだけネイティブらしい発音・アクセントにする

…等々と答えられるかも知れませんね。
もちろん、上記のことはとても大切なことです。語彙を知らなければ英語は話せません。文法も然り、発音・アクセントがあまりにもひどければ相手に通じない可能性もあります。そこで、このような部分に多くの日本人が注力するのは至極当然のことなのですが、その前に目を向けるべき最重要ポイントがあるんです。それは、話している「内容」です。あなたが英語で話す「内容」のことです。

英語を話せるようになるために、語彙や文法、発音やアクセントといったところに目が行くのは当然のことなのですが、こういったものは言ってみれば非常に「表面的」な要素に過ぎません。もちろん、難しい語彙や、適切な文法を用いて、ネイティブのような発音・アクセントで話せれば最高ではありますが、それで「内容」がお粗末なものであったら…本末転倒なのです。前にも書いたことがありますが、欧米人というのは論理的な話を好みます。何か意見を言うのであれば、それを裏付ける理由の部分も含めて表現する必要があるわけです。いくら発音がよくても、難しい語彙・文法を駆使していても、話している内容が軽薄であると「大人の会話」は成立しません。

むしろ、難しい語彙や文法などは使わなくても、話の「内容」自体が論理的であり、きちんとした裏づけ、自分の意見に基づいた主張であれば、そちらの方が「大人の話が出来る」と評価されるわけです。日本人は語彙や文法、発音やアクセントという表面的な部分をとても気にするのですが、肝心の「話の内容」についてはあまり目を向けません。だから、実際の英会話においても、非常に表面的な会話しか出来ずに、何とも釈然としない、幼稚な会話で終わってしまうことが多いわけです。

この「話の内容」というものは、英語・日本語に限らず、普段の生活における「自分の考え・意見」を確立しておくことで高めることが可能です。従って、普段から色々なことを知り、考えている人は内容に「深み」がありますね。一方「英語、英語!」と語彙や文法、発音・アクセントなど(それらはそれで重要ではありますが)表面的な要素ばかりを追って、肝心の話の「内容」について自分なりの考え方や意見がない人というのは、英会話においても稚拙な話しか出来ないのです。これは日本語でも出来ることですので、普段から色々なことに目を向け、それに対する「自分の意見や考え方」というものを明確にしておく癖をつけると良いでしょう^^

 




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ