感情をコントロールせよ!

「人間は考える葦(あし)である」と言ったのは、かの有名なパスカルですが、案外「人間」は考えて行動しないものです^^; それよりはむしろ、人間というものは感情によって行動を決定しています。例えば英語の勉強であっても、感情が上向きの時、つまり気分が良かったり、楽しかったり、心が晴ればれとしている時には勉強がどんどん進みます。英会話でも同じですね。会話が調子良くポンポンと弾み、どういうわけか英語がスムーズに口から出たり、相手の言っている英語がよく聴き取れたりします。

一方、感情が下向きの時…すなわち、落ち込んでいたり、悩みがあったり、鬱々とした気分や、イライラしたり、ムシャクシャしている時というのはなかなか勉強がはかどりませんし、そんな時に無理やり勉強してもほとんど身に付かないものです。更に、英会話の際も気持ちがノッていないと、なかなか話せなかったり、聴き取れなかったりするものなのです。
従って、英語の勉強をする時や、英会話に臨む前には、できるだけ自分の感情を上向きにコントロールしておくことが重要と言えます。

人間の感情をコントロールする方法は色々とありますが、もっとも簡単で効果が高いのが「音楽」を聴くことです。例えば、仕事や勉強といった「作業」を行う際にモーツァルトを聴くと、作業の能率が上がることが科学的に証明されています。私としては、音楽は自分の個人的な記憶や感情と密接につながっているものと思っていますので、自分がそれを聴くと「落ち着く」「やる気になる」「元気が出る」というものを何曲か見つけておくと良いと思います。これは個人で異なるものですので、クラシックが良いという人がいれば、演歌が好きという人もいるでしょうから、自分の好みで選ぶと良いです。

私の場合は1970年代や80年代の洋楽を聴くと、ものすごく英語の勉強がしたくなるんです^^ 何故かはよくわかりませんが、そういう効果があることは自分の中で実証済みなんですね。その他、アロマテラピーのように、「香り」が人間の感情に大きな影響を与えることも科学的に証明されています。私自身、戌年ということもあり(?)、嗅覚がとても敏感なので、自分の感情のコントロール用に十種類ものエッセンシャルオイルを常に買い置きしてあります。

これも音楽と同じで、個人の記憶とか、感情というのはそれぞれで異なるものなので、自分が「やる気」になる香りとか、気分が落ち着く香りとかを予め調べておくと良いです。そして勉強の前や、英会話の前にその香りを漂わせておくと、気分がグーッと変わるのがわかります。いずれにしても、気持ちとか気分を「前向き」にコントロールし、「楽しい」「嬉しい」「やる気に満ちている」という状態にしてから、英語の勉強や実際の英会話に臨むと、その違いに驚かされることでしょう。試してみて下さいね^^

 




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2010年5月31日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ