瞬時に英語で理解・表現するということ

英語をネイティブ並みに話せる(聴ける)人と、全然話せない(聴けない)人との違いは色々とありますが、特に大きな違いとして「理解・表現」の速度が異なるというのがあります。つまり、前者はほとんどタイムラグなく(リアルタイムで)英語を聴き取り、話すことが出来る一方、後者は英語を聴き取ったり、自分が言いたいことを英語で表現するのに時間がかかるわけです。

これはなぜかと言うと、聴き取った英語を頭の中で日本語に訳し、または話したいことを頭の中で考えてから口に出すため時間がかかるわけですね。私がいつも言っていることです。
では、なぜ英語を話せるようになった日本人というのは、英語をリアルタイムで聴き取ったり、話したりすることが出来るのでしょうか。一番大きな理由は「ショートカット」が出来上がっているということです。

「ショートカット」…つまり、「近道」とか「短絡」といった意味ですが、日本人が英語を理解し表現するという一連のプロセスにおいて、頭の中に近道(ショートカット)が出来上がっているんです。そして、これこそが英語を瞬時に把握し、また自分の言いたいことをその場で口に出来る秘密そのものと言えます。ちょっとわかりづらいかも知れませんので以下にまとめますと…

【英語が苦手な典型的な日本人の場合】
リスニングであれば…
1.英語を聴く → 2.脳内で英語を文章的に並べる → 3.まるで読むように理解
スピーキングであれば…
1.話す内容を日本語で想起 → 2.脳内で英作文 → 3.それを口に出す

【ショートカットが完成している日本人の場合】
スピーキングであれば…
1.英語を聴く → 2.日本語を理解するのとは別の場所(回路)で瞬時に理解
リスニングであれば…
1.何かを話したいと思う → 2.日本語を話すのとは別の場所(回路)から瞬時に表現
という感じになります。

特にショートカットが完成している日本人というのは、英語をいちいち「翻訳」するプロセスがなくなっているわけですね。その分手間がかからないんです。だから、時間的なロスがないわけ。ここで重要なのは、英語を話せるようになった日本人というのは、その脳内の「日本語を理解したり話したりする場所」とは明らかに「別の場所」で英語を理解したり表現したりしているということ

私は英語を聴き取ったり、話したり出来ますが、脳科学の専門家ではありませんので、それを学術的に説明することは出来ないのですが、非常に感覚的にその部分(英語を瞬時に理解したり表現したりする部分:ショートカット回路)の存在を認識できます。そして、そのショートカット(近道・短絡回路)の作り方を具体的に説明しているのが、私の英語英会話マニュアル教本というわけです。

 




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ