自分流を取り入れてみよう

私の周りには「英語を話せるようになりたい!」と切望されている方がたくさんいらっしゃるわけですが、実を言うと既に英語を身につけることに成功し、今後は更に上級レベルへとスキルアップを目指されている方もたくさんいらっしゃいます。そういうわけで、これまでにたくさんの「成功者」と「落伍者」を見てきた私だけに、今では話をしたり、またはメール等を読むだけでその人が英語の習得に成功するか、失敗するかが分かるようになりました。

先日もお話した「行動を開始するまでの早さ」という点も重要な違いではありますが、今日お話ししたいのは「自分流」をいかに取り入れるか、という点です。これも本当に面白いように共通しているのですが、英語の習得に成功する人というのは、自分の勉強法やトレーニングなどに必ず「自分流」を取り入れているんです。

今はインターネットでも、書店でも、「英語の勉強法・習得法」「英会話の上達法」といったテーマであればいくらでも記事や書籍を読むことが出来ます。プロからシロウトまで、自分の推奨する勉強法や習得法、トレーニング等をどんどん公開しているわけです。こういうのを見ていると、「なるほどねぇ」などと妙に感心する方法論等に出会うことがあるのですが、大多数の人はそれを読んで納得するだけで終わってしまうものです。仮にその中の少数の人が実際に勉強を開始したとしても、成功するのは更にその中の一握りの人なんですね。

それは何故かというと、色々な人が公開している英語の勉強法とか英会話の上達法というものは、それはそれで素晴らしい内容であると思うのですが、最終的にはそれらの貴重なノウハウの中から、いかに「自分なり」に勉強法や習得法をアレンジ出来るか、という点に行き着くわけです。実はこれがとても大事で、この「自分なり」にアレンジして「自分流」として取り入れていくというプロセスは、要するに「自分」を主体に積極的に攻めるタイプの姿勢であって、決して「他力本願」ではないわけです。

勉強法や習得法、上達法といったノウハウ自体は色々な人のものをベースに参考にするわけですが、最終的な「活用」「応用」といった部分では必ず自分なりにアレンジして、「自分のもの」として実践することが何よりも重要です。そして、英語習得に成功した多くの日本人は、お決まりのようにそのような姿勢で英語の勉強に臨んでいるのです。ここがとても大切なポイントですので、ぜひあなたも「自分なり」の勉強法を見つけてみて下さい。必ず結果に違いが出ますよ^^

 




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ