リーディングが上達の突破口となることもあります

英語の学習における悩みは「リスニング(ヒアリング)」に関するものや「スピーキング」に関するものなど、どちらかと言えば「英会話」系(話し言葉の英語)にまつわるものが多いのですが、それでは「リスニングが苦手だったらリスニングのトレーニングだけをすれば良いのか?」とか「スピーキングが苦手だったらスピーキングのトレーニングだけをすれば良いのか?」質問されたら、決してそんなことはありません。

なかなか英語を聴き取れるようにならない!と英語の聴解力の伸び悩みを感じていらっしゃるのであれば、一時的にリスニングのトレーニングをやめて、代わりに英語を読むこと、すなわち「リーディング」の勉強に力を入れてみると良いです。ご存知かと思いますが、日本人は比較的「英語の読み(リーディング)」は得意という人が多いんです。これは、中学・高校・大学と、日本の英語教育では「読み」「書き」を中心とした授業が進められてきたからですね。

それ故に、英語を読むことについては、結構「バカにしている」人が多いのも事実ですね。いくら英語を読めたって、話せないんじゃ…みたいに言われることも多いです。どういうわけかリーディングというスキルの評価が低いわけですね。しかし、実を言うとこのリーディングというのは、誰が何と言おうと、英語における最重要スキルの一つなんですよ。本当に不思議なのですが、英語力を確実に身につけている人というのは、口を揃えてリーディングの大切さを主張します。言ってみれば英語学習の基本の基本が「リーディング」によって培われるという感じですかね。これをバカにしている人は、おそらくリスニングもスピーキングもライティングも出来ない人だと思います。それぐらい、大切なスキルなのです。

まずリーディングのトレーニングを行うことで、英語を扱う上でもっとも重要な核となる「ボキャブラリー」を構築することが出来ます。更に、英語を適切に扱うために必要なルールである「英文法」を学ぶことが出来ます。これらの基礎事項については、確かに最初からあまり詳しく学ぶ必要はないのですが、いずれはきちんと向き合って自分の中に取り込まなければならない必須の知識です。これもバランスの問題ではありますが、もし今リスニング力に伸び悩みを感じていたり、いつまで経っても幼稚な英会話しか出来ないと落胆されているのであれば、一度「話し言葉」系のトレーニングを中止して、リーディングのトレーニングをやってみて下さい。リーディングのトレーニングは他のどのスキルよりもお金がかからないという利点があります^^

一番お勧めなのは、いつも言っていますが、自分の興味のある分野、趣味の分野などについて海外のサイトでリサーチを行うことです。アメリカのヤフーで構いませんから、自分の興味のある事柄について、キーワードを入れて検索してみましょう。そして、片っ端からウェブサイトを読みまくってみるのです。これらは日本人の英語学習用に作られた非現実的な英語ではなく、実際に英語圏の人間が日常的に読んでいる「生の英語」ですから色々なことをガッツリと吸収することが出来ます。週末にボーっとしている暇があったら、ぜひリーディングのトレーニングやってみて下さい。必ず違いがわかるはずです。

 




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ