勢いに任せてみよう!英会話上達のコツ【その1】

英会話って本当に不思議なもので、知っているボキャブラリーの数とか、文法の知識とか、慣れの度合いとか、そういう要因以外に実際の会話がスムーズにいったり、または逆にまったくギコチナイものになってしまったり、ということが往々にしてあるものです。これは初心者は勿論のこと、私たち通訳者といった英語のプロフェッショナルでもよくあることなんですよ。

で、その要因というのは例えば「体調」であったり「気分」であったりするわけですが。
よくアルコールが入ると途端に饒舌になってしまい、英会話でも普段からは考えられないような絶妙なフレーズが出てきたり、ポンポンと会話が「弾むように」進んだりする人がいますよね(実は私もそうでした^^)。これはつまり、英語を話すためには「知識」も大切ですが、それ以上に自分の気分を「その気」にさせることが如何に重要であるかということを示すものです。

風水なんかでよく使われる「気」という言葉ですが、私はそういうものに何か力というかパワーがあるんじゃないかと思うんですよね。それは文法知識とか、ボキャブラリーとか、そういう物理的(?)な英語力ではない、もっとメンタルな意味での「力」です。ここで冒頭の「勢い」というのが出てくるわけですが、英語を話す時、すなわち英会話において、「よーし話すぞ!」という気持ちになっていると、やはり会話にもそれが顕著に表れるものなんですね。

普段から「英語が苦手だ」「私には出来ない」「どうせ聞き取れないに決まっている」と思い込んでいる人は絶対に英会話でも上手くいかないんです。それは自分自身で「勢い」を失っているから、です。私からすれば、なぜ自らワザワザ勢いを失うのか?という感じなのですが^^;、その気持ちが分からないわけでもありません。結局、今英語を話せない人というのは外国人の前で「恥をかきたくない」という気持ちがとても強いんですね。

「間違って笑われたらどうしよう」「恥ずかしいことを言ってしまったらどうしよう」…と恐れているわけです。その結果、「私には無理だ」「やめておこう」「話せるわけがない」と自分に言い聞かせてブレーキをかけてしまうんです。その方がラクだからです。傷つきたくないんです。で、結局「勢い」がなくなり、失速してしまうんですね。非常にもったいないです。

多くの日本人が「英語を話せるようになるぞ!」と右足でアクセルを踏みつつも、同時に「でも恥をかきたくない!」と左足でブレーキをかけてしまうのです。これでは進むクルマも進むわけがありません^^; 季節は「春本番」…^^ あなたの英会話に「勢い」が足りないと感じるのであれば、無意識にかけている心のブレーキをはずしてみて下さい。それだけでパーッと表現が変わります。世界が変わります。思い切って「勢い」つけていきましょう!

 




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ