ライバルを圧倒する本当の英語力のつけ方

いくらか英語を勉強した人は、いずれ外国人と英語でコミュニケーションをしたいと思うようになります。実際に自分が覚えた英語を使ってみたいと思ったり、自分の力を試したいと思ったりするわけですね。で、いざ外国人の前に立ち、覚えた英語を使ってみると…

Hi, how are you? My name is ○○.
I study English very hard. I like to go abroad
.

発音がひどくても、少なくともそれが英語であれば、おそらくは言っていることを外国人に理解してもらえることでしょう。もしかしたら、Your English is good!とお世辞を言ってもらえるかも知れません。特に日本では本当に英語を話せる人が少ないので、外国から来ている人はまず日本人というものは英語が話せないと思っているわけです。そんな中、カタコトでも英語を口にすれば、「おお、この人は英語を話せるんだ!」と思われることでしょう。

まぁ、確かにそれはそれで一種のコミュニケーションを果たせたと言えるのですが…。
多くの場合、上のようなコミュニケーションを二、三繰り返した時点で、あなたは何か「違和感」に気付くはずです。その「違和感」というのは、人によっても異なりますが、「何で私は、こんな幼稚な会話を続けているんだろう」とか「何が楽しくて、こんな低レベルな話をしているんだろう」とか、そんな感じのものです。

つまり、英語を一生懸命勉強して、いざ外国人を前に会話をしてみると、ほとんどの場合「幼稚」で「低レベル」な会話しか出来ないことに気付くのです。日本人同士であれば笑ってしまうような「バカバカしい」内容しか話すことが出来ないことに気付くわけです。
一応「英語」は話しているのですが、非常に「表面的な」部分しか表現できず、しばらくすると大きなフラストレーションを感じる人が少なからずいます。なぜ、日本人が話す英語というのは「幼稚」で「低レベル」なのでしょうか?

ただ単に英語力がないから?
知的レベルが低いから?
シャイだから?

いえいえ、違います。ここが核心ですのでよく理解して下さいね。私たち日本人は、物事を「論理的に」話すことを教わっていないから、なのです。ここがすごく大切です。論理的というのは英語でlogicalと言いますが、要するにそのロジカルな部分が日本人の表現に欠けているわけですね。論理的な表現というのは、例えば一つの物事を表す際に、自分の主観的な感想や意見を述べるだけでなく、「なぜそう思うのか」「なぜそう感じるのか」という理由や原因の部分をきちんと説明し、最後にもう一度「~だから、…なのです」という結論の部分を明確に示すということです。

「論理的」なんて言葉を見ると何かとても難しいような気がしますが、実際にはカンタンなことです。例えば上の例文で言えば…:

I study English very hard. (私は英語を一生懸命勉強しています)
- なぜ英語を勉強しているのか?
- 一生懸命勉強している理由は何か?

I like to go abroad. (海外に行くのが好きです)
- なぜ海外に行くのがすきなのか?
- 海外にこだわる理由は何か?

…といった部分を含めて初めて「論理的な表現」が出来るわけですね。欧米人の場合は、この「論理的な表現」を非常に好みます。ただ単に「英語を一生懸命勉強しています」「海外に行くのが好きです」と、自分の主観的な意見だけを口にしているだけでは、幼稚園児が「アンパンマンが好き」「公園に行きたい」と言っているのと変わらないわけです。

実は、このロジカルな表現というのは、日本人の多くの英語学習者に欠けている部分であり、しかもほとんどの英語本や教材、英会話スクールなどでは教えてもらえない秘訣なんです。これを理解して、自分の英語の表現に積極的に応用するだけで、ライバルを圧倒する英語表現力を手に入れることが出来ますので、ぜひ心に留めておいて下さいね^^

もしこの連休に、英語の勉強を本格的に始めたいとお考えでしたら、私が書いた英語英会話マニュアルを是非読んでみて下さい。30日以内に英語力がついたことを実感できる非常に強力な裏技をはじめとする数々のノウハウ、コツ、秘訣などをてんこ盛り(合計520ページ)でご紹介しています。

 




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ