才能がない方が英語力は伸びるって本当?

世の中には色々な天才がいます。語学の天才、数学の天才、科学の天才、音楽の天才等々、天才というのは分野の数だけ存在するわけです。今オリンピックをやっていますが、オリンピック選手は言ってみればそれぞれのスポーツの種目の天才というわけですね。まぁ「天才」でも「才能のある人」でも、呼び方は何でもいいのですが。

これらの「天才」とか「才能のある人」たちというのは、多くの場合自分の中に何か大きな「欠如」を持っています。「欠如」というのは、「欠けていること」「足りないこと」です。天才と呼ばれているのに「足りない」とか「欠けている」というのはおかしいと感じる人も多いことかと思いますが、実は「天才」とか「才能のある人」と呼ばれている多くの人が、実は自分の中で直面している(自覚している)大きな欠如を補おうとした結果、その道の「天才」となったというケースがとても多いのです。

この欠如には色々なケースがあります。それは他者に対する劣等感であったり、満ち足りない感情であったり、または身体的な障害であったり、人に言えない過去であったりするわけですが、いずれの場合でもこれらを埋めようとする時に人間は恐ろしいほどのパワーを発揮します。

実を言うと、この欠如というのは本来、誰にでもあるものですが、多くの場合、人はそれを直視しようとは思いません。出来るなら忘れていたい、触れられたくない部分なのです。従って、自分では気づいていても、自分の中の「欠如」と積極的に向き合える人というのはあまりいません。

しかし多くの天才は、それに気づいていても、いなくても、自分の中の欠如を何とか埋めようとします。中には本能的にそうする人もいます。それは、その欠如を直接埋め合わせるのではなく、別の部分を伸ばすことで欠如の部分とのバランスを取ろうとするわけです。その結果、別の部分で恐ろしいほどの潜在能力を開花させることが出来ます。

そこでいつも言っているモチベーションの話が出てきます。私が推奨している「モチベーションの明確化」というのは、つまりこの「欠如」を知ろうということなんですね。誰でも自分の中で持っている「欠如」「満ち足りないもの」「不足感」などを、その根底から向き合って、見つめなおしてみるわけです。

すると、そこからとてつもない潜在的な力が沸き起こってくるのを感じることが出来るでしょう。それは本当の意味でのモチベーションになります。凡人であっても、天才並みの力を発揮できるようになるには、日々の努力以上に、一番根底の部分での「欠如」を再確認し、それを直視し、バランスを取ろうとすることが重要なのです。そして、それさえ出来れば英語だけに限らず、ありとあらゆる分野であなたは驚異的な力を発揮することでしょう^^

 




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ