音楽と英語の密接な関係とは

よく英語の発音とかアクセントの本なんかを読むと、「リズム」とか「イントネーション」とか、どちらかというと音楽関係の用語が多く使われていることに気づくと思います。
実際、英語は音楽と似ているところが多いですね。いつも言っていることですが、日本語というのはどちらかと言えば、音的には均一で、同じボリューム(音量)、音程で「ダダダダダダダダダダダ」と機関銃のような音に聞こえる言葉なんです。一つ一つの言葉にそれほどの強弱の変化がないんですね。音量的にも音程的にも変化が少ないわけです。

一方、英語の音というのは音的には非常に変化に富んでいて、「ダーダッタダーダッタダラダッター」という感じに特有のアクセント、音程や音量の高低がはっきりしています。言ってみればジャズのスイングのような感じでしょうか。もちろん、これはそれぞれの言語の音声的な特徴を言っているだけで、どちらが良いとか、悪いとか、そういう話ではありません。そうではなく、この「音声的な違い」というのをうまく捉えると、英語の習得、特に発音とかスピーキングをかなり上達させることが出来るようになるということが言いたいのです。

以前、何かの英語教材で、ビートルズの曲を使って英語を習得するといったものがありましたが、英語の音声的な側面を身につける上では、洋楽を聴いて勉強するのはとても有効です。まず、英語特有のリズムを身につけることが出来ます。この「英語特有のリズム」というのは日本で英語の教科書だけを読んでいても絶対に身につけることは出来ないもので、英語という言葉を話す上では非常に大切なものです。

英語が大好きという人は多いですが、そういう人は英文法の参考書とか発音教本の記号の読み方とか、そういう「教科書的知識」についてはメチャクチャ詳しく知っていたりするわけですが、実際に英語を話すとお世辞にも上手とは言えない人がいます。これはつまり、英語というのは教科書的な知識だけでは身につけることは出来ず、もっと体験的に身につけなくてはならない「センス(感覚)」のようなものが存在するということなのです。
その最たるものが英語の音声的な側面でしょう。

英語らしい発音とか、アクセントとか、イントネーションというものは、教科書を読んで知識を詰め込めば真似できるようなものではありません。どちらかと言えば、実際に英語の音を聴きとって、それを自分なりに捉えて「真似」」ようとしてはじめて身につけられるものなのです。特に音楽が好きな人は英語の上達が早いと言います。そういう人は耳が良いということもありますが、英語を「言語」としてではなく、どちらかと言えば一つの音楽のように捉えているのです。

そして、例えば歌を聴いたらその歌を真似て歌うように英語を話してみます。出来るだけ、歌手の歌い方を真似て、それに近づくように真似るのです。その結果、日本人であっても周囲が驚くようなネイティブ発音で英語を話せるようになります。こういうのは教科書をいくら読んでも真似できるものではありません。発音の教本を何十回、何百回読んでも真似は出来ないのです。「知識」では到底太刀打ちできない側面が英語にはあるんです。

もしあなたが英語の話し方や発音がどうしても上達しないと嘆いているのであれば、一度英語を一つの音楽として捉えてみて下さい。そして、その「音楽」を、聞こえるままに真似してみましょう。そこに教科書的知識は一つも必要ありません。ただ、単に聞こえるままに、新曲をカラオケで歌うように、自然に、聞こえるままに、真似するだけでいいんです。きっと自分の発音に驚くことでしょう。そうそう、洋楽を使う英語勉強法で一つだけ注意を要するものがあります。それは「洋楽の歌詞」

英語の勉強になると思って歌詞を丸覚えしたり、そのフレーズをスピーキングに使おうとする人がいますが、実は歌詞というのはとても芸術的(詩的)表現が多く、実際の会話で用いられない(用いると恥ずかしい!)ものが多々あるので注意が必要なのです。実際、私の知り合いで有名なロックバンドの歌詞を得意気に口にしていて、裏でネイティブたちに笑われていたという衝撃の事実があります(^^;

それは日本語でも同じですよね。日本のヒット曲でも演歌でも何でもいいですが、歌詞というのは実際の会話には使われないような比喩的な表現とか、少し変わった詩的な表現が多いわけです。それを実際の会話に使うと、かなり「変」でしょう?従って、洋楽を英語の勉強に役立てるのであれば、ただ単に「英語の音」を学ぶことだけに集中した方が良いです。歌詞の内容を覚えても、実際の会話で役立てられることは稀ですので。その点のみ注意して下さい^^




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ