一番身近にあるものを使うリスニング練習法

リスニングの練習(トレーニング)というと、あなたはどのようなものを使っていますか?おそらく英会話教材のCDを聴いたり、最近ではiPod(Podcast)なんか使っている人が多いでしょうね。YouTubeも無料で色々な動画、音声を聴くことが出来ます。

さて、今日ご紹介したいのは「一番身近にあるもの」を使うリスニング練習法です。リスニングというのは文字通り「英語の音声」を耳で聴くわけですが、実を言うと耳だけで聴くのと、何かを見ながら聴くのでは理解度に大きな差が出るものです。これはつまり、何かを見て【視覚的に】英語音声を聴く場合には、英語音声以外の情報が目から入ってくるため、その分理解しやすくなるというわけ。

で、英語の初心者とか、リスニングが苦手という人であれば、CDなどの「音声」だけのリスニングトレーニングよりも、視覚情報をプラスしたトレーニングを行った方が効果的と言えます。もし今、CDの音声だけを黙々と聴いていて、嫌気がさしてきたり、トレーニング自体が退屈でつまらないと感じるようになったら、一時的に音声だけを聴くトレーニングをやめてみましょう。

さぁ、ここまでの話で「一番身近にあるもの」が何なのかわかりましたね(^^)はい、それは「テレビ」です(またはパソコンや動画が見られるタイプのオーディオプレイヤーでも構いません)。いずれにしても【視覚的情報】が得られる道具であれば何でも良いのです。ここで、「なーんだ、テレビか」と思われた方、テレビをバカにしてはいけませんよ(^^)

実際の英会話においては「言葉」だけでなく、視覚的な情報を含むさまざまなデータを無意識に分析しながら、私たちは英語を聴き取っています。音だけに集中して聴くトレーニングというのは、言ってみれば英語のラジオ放送や電話での英会話のようなものです。それはそれで聴き取り力をつける練習としては良いのですが、より実践的な英会話を学びたいのであれば、ネイティブの表情やジェスチャーが見て取れる洋画や海外ドラマ等をリスニングのトレーニングに用いると効果的です。

音声だけのリスニングに限界を感じたら、すかさずレンタルDVD屋に行って自分の観たい洋画か海外ドラマのDVDを借りてきましょう。実は、映画や海外ドラマ、その他ドキュメンタリーでも構いませんが、外国のDVDというものは英会話の、特にリスニング練習には最適なのです。

まず、先ほども書いた通り、CDのような音声だけでなく「動画」といった視覚的情報があると内容を理解しやすいという利点があります。これは、例えば実際の英会話においても相手の表情やしぐさ、ジェスチャーを視覚的に捉えることによって「相手が言わんとしていること」を推測して理解しているため、視覚情報を付け足しながら英語を理解するトレーニングという意味では一番実践近いものなのです。

また、現在では洋画や海外ドラマ、ドキュメンタリーなど、楽しくて役立つ英語のソースがいくらでも手に入ります。退屈でルーチンワーク的な内容の英会話教材(しかも高額!)の英語音声を使うくらいなら一本何百円でレンタルしてくる方が断然お得です。しかも海外DVDは英語表現の宝庫ですから、はっきり言ってこれらだけを使って英語を完璧に習得できるといっても過言ではありません。

実際に、英語を独学で身につけている人の大半が、やはり海外のDVDで洋画やドラマ、その他のテレビ番組等を視聴し、生の英語のセンスを身につけています。これらの「生の英語」は、英会話教材のような「作られた言葉・表現」ではなく、本当に「生きている英語」ですので、実際の英会話でもものすごく役に立つんですね。今、もし英会話教材のCDなんかを聴き続けていて、少しでも退屈に感じたり、何か違うな~と思われたりしたら、テレビを使った「視覚的」なリスニングトレーニングを試してみて下さい。必ず違いに気付くはずです(^^)

 




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ