思考回路を根本的に変えてみよう!

日本人であっても「英語が得意な人」というのはたくさんいます。もちろん、ペラペラと話せる人もいれば、ただ単に「英語が得意なだけ」で、実際の英会話はあまり得意でないという人も多いですね。実際、そういう人というのは英語の「知識」だけは人一倍あるのです。

英文法も、まるで「生き字引」のように細かいウンチクを知っていますし、ボキャブラリーも何千、何万語と暗記しています。発音記号も完璧に知っていますし、いわゆる英語本に載っているような英語の「豆知識」だったら誰にも負けません。当然、試験などでは高得点を取ります。TOEIC800点、900点は当たり前、英検も準1、1級くらい平気で取得出来るかも知れませんね。

…が、しかし!
そういう人が、いざ外国人の前で英語を話そうとしても、どうしても幼稚な会話しか出来ないことがあります。日本語であればそれなりに「気が利いたこと」をサラリと口に出来るのに、英語となるとYes、No、Oh! Really?か、アーハンとかフーフンという相槌を繰り返すのが精一杯。実はそういう日本人って本当に多いんです。

そういう日本人は、決して「まったく話せない」ワケじゃないんですね。少しは話せる。もしくは、会社・学校の中では「話せる人」で通っている場合が多いかも知れません。で、いったい何が問題なのか、という話になりますが。今日は時間がないので単刀直入にいきますが…

こういうタイプの人に足りないのは、実は「英語的思考回路」というもの。別の言い方であれば「欧米人的発想・思考力」っていうんですかね。つまり、こういうタイプの人っていうのは、発想の仕方とか、思考回路というものに関して言えば、まだ「日本人」のままなんです。日本人のままというのは、日本語を話す発想の仕方、思考の仕方のまま、ということです。本来、英語を話す時には「英語的思考回路」にならなければいけないんです。ただ単に、知識とか、文法とか、そういうものだけ「英語」にしても、そもそもの思考回路とか、発想の仕方というものが日本語対応のままでは、どうしても英語を本当の意味で操ることは出来ません。

単に日本語を表面的に英語に変えただけでは、本当の英語を話していることにはならないのです。だから、英語的には間違いがないのに、文法もOK、ボキャブラリーもOKなのに「何故か通じない」ということが起きるんですね。通じたとしても、本当の意味でコミュニケーションが取れていないから大きな誤解が生じたりするわけです。では、「英語的思考回路」って一体どういうものでしょうか?今日はちょっと時間がありませんので、また次回このお話の続きを詳しくさせて頂きたいと思います(^^) See you next time!




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ