「コレ」足りていますか?

日本人が英語の勉強を始める時、たいていの場合は以下のような勉強をすると思います:

1.英単語・英熟語を出来るだけたくさん覚える
2.発音記号を覚える
3.英文法を覚える
4.英文を読んで日本語に訳して理解する
5.リスニング教材(CD)などを聴く

もちろん、これはこれでいいんです。上記は当然、私もやってきた勉強ですし、すべて基本的で重要なことですから、これらが間違っているというわけではありません。実はこれらの勉強というのは大きく分けると「インプット系」の勉強になります。「インプット系」というのは、つまり「読み」とか「聞き」ですね。英語を読んだり、聞いたりして、単語や熟語、英語独特の表現や音、アクセントなどを頭に詰め込むための勉強です。

インプット系の勉強というのは、英語の基本となる知識の吸収ですから、それ自体はとても大切な作業と言えます。これなくして、英語を身につけることは出来ないわけですね。で、実を言うと私たち日本人は、これらの「インプット系」の勉強はとても得意なんです。何故かと言うと、中学から大学まで、日本におけるほとんどの英語の授業においてはこの「インプット系」、すなわち「知識の詰め込み」が主体となって教育が行われているからです。俗に言う「詰め込み」教育というやつですね。それが良いとか、悪いとか、そういう話もあるんですがここでは敢えて論争は避けます(^^;

問題なのは、日本人の英語の勉強において「アウトプット系」の勉強が非常に「ないがしろ」にされているという点です。「アウトプット系」の勉強というのは、つまり「話し」とか「書き」というスキルですね。自分の頭の中にあるものを「外に出す」ことです。言いたいことや表現したいこと、主張したいこと、相手に伝えたいことを「文字や言葉で表現する」ことです。

これが非常に残念ながら、日本人の英語の勉強においては十分に「足りていない」のです。だから、この前も書きましたが、What do you think?と聞かれてうつむいてしまう日本人がとても多いんです。ただ、これは別に日本人が意見を持っていないというわけではありません。日本人はとても思慮深いですから、皆それぞれの素晴らしい意見を持っています。

ただ、それをアウトプットする練習をしていないんですね。いつも単語を覚えたり、文法を勉強したり、教材のCDを聴いたり、という「インプット系」は力を入れるのですが、自分の意見を口にしたり、書いたりということになるとあまり本格的にやっている人がいません

実を言うと、ここが日本人がなかな英語を身につけられない一つの原因でもあるのです。
これまでボキャブラリーの増強や難しい英文法のウンチクなどばかり頭に詰め込んでいて、確かに英語の試験ではそれなりの結果が出せるのに、実際の英会話となるとまるで幼稚園児程度の表現しか出来ない…と感じているのであれば、今後は「アウトプット系」の勉強に力を入れて全体のスキル・バランスを整えるようにしましょう。常に自分が表現したいこと、相手に伝えたいこと、思っていることを英語でアウトプットできる準備を怠らないようにして下さいね!




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ