What do I think? の効用はすごい

英語、日本語に限らずに「口ベタ」な人、自己表現が苦手な人というのは多いものです。特に日本人の場合は、表現がうまく出来ない人というのが多い感じがしますね。おそらく日本人の場合は、日本人同士の「暗黙の了解」のようなものがあります。これはおそらく長いこと単一の民族で暮らす時間が長かったからでしょうか。同じ日本人どうしなら口にしなくてもお互いわかり合える「何か」というのがあって、その分自己表現の必要性がなかったのかも知れませんね。

しかし時代は超国際化時代。どんな田舎に行ったって、普通に田んぼの畦道を外国人が歩いていますよ(え、歩いてない?^^;)ま、それは置いておいて。英会話スクールでも留学先の英語学校でも、そんな「自己表現ベタ」な日本人はどうしても会話の中に入れなかったり、浮いてしまったりするものです。特に日本人以外の外国人というのは、どういうわけか皆「自己表現欲」が旺盛で、「私が!私が!」という感じで自分を全面に押し出します(こういうの「苦手っ!」ていう日本人は多いでしょう?)。

しかし、英語の世界では実はそれが当然、というか「スタンダード」なんです。特に日本人であれば意識して「自分」を出していかないと、とてもではないけれど太刀打ちできません。かなり積極的にやってみて、やっと「トントン」ぐらいのレベルなのです。
で、前置きが長くなってしまいましたが、今日のお話「What do I think?」という呪文です。

What do I think?っていうのは、つまり「私はどう思う?」ってこと。よく、外国人と話していると意見を聞かれる時に耳にすると思います。「So, what do you think?」(で、あなたはどう思う?)実はこの質問って大抵の日本人であれば皆「苦手」に感じるはず。なぜなら、日本人は自分の意見を表現する機会があまりないからです。だから、いきなり何かの話をしていて「What do you think?」って聞かれると「…」となってうつむいてしまうんですね。

でもね、私も同じ日本人だからわかりますけど、日本人だから意見がないわけではないですよね。皆、もちろん自分の意見を持っています。ただ、それを表現する機会があまりないだけなんです。特に英語で表現する機会となったら…普通の人では有り得ませんから(^^;
で、今日のフレーズ「What do I think?」が出てきます。

これの使い方を説明しますと…。朝起きてから夜寝るまで、その日に気になったことに対して、「What do I think?」(私はどう思う?)と自問するのです。例えば朝起きてテレビのニュースを見ました。「ほう、藤井財務相が辞意…」それに対して、「What do I think?」(私はどう思う?)と自問してみます。勿論、別にそんな難しい話題でなくてもOKですよ(^^;

「口まねで電車の音を再現したエアトレイン大会…」 What do I think?
「田中美奈子が第2子出産を新ブログで報告…」 What do I think?
…すみません、今日はあまり良い例となるニュースがないですね(^^; ま、要は何でもいいんですが、目に付いた話題でも、事件でも、何か気になることがあれば、それに対して「What do I think?」と自問するわけです。

そして、当然ですがそれに対して自分の意見を英語で答えてみます。頭の中で思い浮かべるだけでも良いですし、時間があるなら辞書を片手にノートやパソコンに書き出してみるのも良いでしょう。こういう一つ一つのアウトプットがたまると、それが結局あなたの「意見集」となります。それも英語で表現した「意見集」なんです。こういうのはとても使えますよ。何ていったって、この世のどこを探しても見つからない表現集ですからね。あなた自身の、心の底からの、本当の表現したいこと、伝えたいこと、言いたいことをまとめたもの、というわけです。

普段からこういうのを地道にやっている人は、「イザ」という時にWhat do you think?と聞かれてもパッと自分の意見を英語で言えるわけですね。
ぜひお試しあれ~!

 




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ