リーディングの正しい勉強法とは?

「多読」「精読」も良いですが、今日ご紹介するのは「英語での要約」を主体としたリーディング・トレーニングです。「え、英語で要約?」

そうです。今英語が苦手な人にとっては、英語を読んでそれを更に「英語」で要約するなんて聞くと「ウへ~!」と思われるかも知れませんね(^^) 確かに、このトレーニングは「多読」や「精読」よりも負荷が高いです。しかし、これは英語圏の学校では当然のように行われているリーディング・トレーニングの一つですので、その効果は抜群です。

用意するものとしては、当然ですが「読むための英文」ですね。これは、「多読」「精読」トレーニングでも同じことが言えるのですが、必ず自分が興味・関心を持てるジャンルに絞って下さい。学校などでリーディングの練習をさせられる時は、興味・関心の有無に関係なく全員同じものを読まされますが、結局そこがリーディングの本来の楽しさを半減させる原因となっているわけです。

本質的に英語で本を読む行為など、日本人にとっては「大変辛いこと」なんですね。ただでさえ「苦しい」ことなのに、さらに興味・関心のない内容を強制的に読まされるなんて日本語であっても苦痛なはずです。だから、三日坊主になってしまうわけです。人間、少しでも「辛い」「苦しい」「つまらない」と思ってしまったらもうダメです。仮に無理やり最後まで読めたとしても後に残りません。結果的に何の役にも立たない、「骨折り損」になってしまう恐れがあるのです。

ですから、リーディングのトレーニングを行う際の題材についてはなるべく自分が興味・関心を持てる分野の本や記事、ネットのコンテンツなどを選ぶようにしましょう。特に趣味がある人は、その分野の内容を英語で読んでみるとラクにトレーニングを進めることが出来ます。

さて、「英語での要約」を主体としたリーディング・トレーニングの進め方ですが、やること自体はそんなに複雑な話ではありません。まず、英文を読んでみます。当然、わからない単語や表現などがあると思いますので辞書を片手に読み進めてみましょう。今はオンライン辞書などを使うのが良いですね。特に英英辞書もオンラインで無料で利用できますので、積極的に活用して下さい。

一つの段落を読んだら、そこで止めます。ノートでもパソコンのメモ帳でも構いませんので、その段落に書いてある内容の要約を英語で書いてみましょう。最初のうちは難しいかも知れませんので重要なキーワードだけを箇条書きにするのでも構いません。文にする必要はないのです。
もちろん、中・

上級者であればきちんと英文にしてみましょう。この時、同じ言葉や表現を極力使わないようにすることが大切です。同じ言葉や表現は、そのまま書かれている英文を抜き出すことになりますので、これをやってもあまり意味がありません(^^; また、同じ英文の長さで表現せず、要約なのですから出来るだけ噛み砕いて、シンプルに書いてみましょう。全体の1/4くらいの長さで書きまとめられれば合格です。段落に番号をつけて、段落番号ごとに要約を書いていくとわかりやすくて良いですね。

このリーディング・トレーニングはもちろん「多読」のように大量の英文を読んで頂いても構いません。「精読」以上に内容を理解し、噛み砕いて別の言葉に要約していく過程を通して、より高度な英語の理解力が養われますので、これを続けるだけで恐ろしいほどの読解力が身につくはずです。

また、英語を話す上で重要なのが、英語的な「論理的思考力」というものなのですが、読み取った英語を、さらに英語で要約することでその力をつけることが出来るようになります。言ってみれば、英語で物事を論理的に考えたり、表現したりする力のことですね。結局、徹底的にバイリンガルを目指すのであれば、そのような力はどの道必須となりますので、ぜひこのトレーニングを通してバッチリ身につけて頂きたいと思います(^^)




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ