こんなことが癖になってしまいました…

英語の勉強を始めたはいいけれど、やはり途中で挫折してしまったとか、最初はやる気マンマンだったけれど1週間もすると気力が萎えて…なんていう人は多いです。というか、人間であれば皆そうです。私も偉そうなことを毎回説いていますが、決して例外ではありません。失敗、挫折、やり直しの連続ですよ。人生なんか(苦笑)。

つまずいたっていいじゃないか、人間だもの」(相田みつを風^^;)

閑話休題…
で、なぜ人は物事を継続させることが出来ないのでしょう。特に英語の勉強となると、ほとんどの人が一度は挫折を経験します。でも実はこれ、簡単な話なんですね。継続が難しいというのは、結局「勢い」がついていないからなんです。要は、失速しちゃうわけです。もっと言えば、物理法則と同じです。「慣性の法則」ですね。

英語の勉強を始めようとした時点で、あなたの「英語の勉強」の速度はまだゼロに等しいです。静止しているようなもの。これを、目標設定やモチベーションというエネルギーで動かすわけです。まさにエンジンと同じで、セルモーターでブルルンと「始動」し、さらにガソリンを供給します。もちろん、一度始動しても摩擦力が大きかったり、ガソリンの量が少なければ途中でエンストして再び「静止」の状態に戻ってしまいます。これが、いわゆる「三日坊主」とか「挫折」というやつですね。

では、どうすれば「失速」させずに英語の勉強を継続させられるか?
よく、自己啓発の本なんかでは、モチベーションとか目標設定とか、内的な要因について書かれていますが、ここではもっと簡単に継続させることが可能な方法を教えます。それは、「他人の力」を借りること。例えば、先ほどお話ししたメルマガ読者のように、私から毎日送られてくるメルマガを利用するんです。私からメルマガが来たら、それを一つのキュー(Cue:きっかけ)として毎日の勉強に関連付ければ良いわけです。

「あ、また渡邊さんからメールが来た。今日のノルマ終わらせなきゃ」という感じでも良いですし、単に私のメルマガやブログ内で役立つ情報を探すきっかけにするのも良いですよね。要は、自分で作れないリズムを他人のリズムに乗っかって強制的に「勢い」をつけるんです。そして、今日のタイトル「こんなことが癖になってしまいました…」って、一体何が癖になったのよ?って感じですが(^^;、つまりこのリズムを「癖」にしちゃうんです。私の場合は、このブログとメルマガを書くことが「癖」になっちゃったんです(^^)

英語の勉強でも、他の物事でも、「勢いをつける」っていうことは結局「癖にすること」「習慣化すること」ですね。実は、最初は他人のリズムに乗っかって行っていたことが、気付かないうちに習慣化して自分のリズムそのものになってしまうということはよくあることなのです。そして、それこそが「習慣化」であり、「慣れ」であり、「勢いがついた状態」なんですね。ここまでくればもう苦労することなく英語の勉強を継続させることが出来ます。

12月2日付けの記事「英語の勉強が長続きしない人のためのお話」でも書きましたが、長期的な予定でなく、毎日の目標設定を行い続けることで、どんな大変な目標も達成することが可能になります。それは何よりも「習慣化=癖にする」ことが出来るからです。例えば歯を磨くこと、顔を洗うこと、ご飯の前に「いただきます」と言うこと等、英語の勉強自体がそれくらい「当たり前のこと」として習慣化されれば、取り立ててモチベーションがどうとか、目標設定がどうとかキーキー騒がずに、シレっとした顔をして英語の勉強を続けることが可能になるわけです。

ぜひ、まずは私から送られてくる毎日のメルマガを、あなたの毎日の勉強の「きっかけ」として利用してみて下さい。そのうち、勢いがつけば知らず知らずのうちに英語の勉強を継続出来ている自分に気付くことでしょう。頑張って!

[ 私のオリジナル教本・教材選択ガイド ]



clip_image001 clip_image002


clip_image001[1]


clip_image001[2]

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ