日本語を勉強すると英語が上達するんです

最近、ブログのタイトルが「~です」調が多いですね(^^) 何か昔の「はっぴいえんど」の歌詞みたいだ。さて、英語をペラペラと話せる人や英語が得意な人というのは、どういうわけか日本語を書くのも話すのも上手な人が多いです。実際、私たち通訳者や翻訳者というのも、英語力というよりは日本語力を要求されるものです。英語がいくら出来ても、日本語の「てにをは」がわからないような人に通訳や翻訳は出来ません。

と書きながら、じゃあお前の書いている日本語はどうなんだ。メチャクチャじゃないか!という突っ込みはナシで(^^;; ブログやメルマガは、友達に出すメールと同じ感覚で書いてますので。…話を元に戻しますが。で、ここで言う「日本語力」というのは昨今ブームになった「日本語の常識力」とか、「日本語の正しい使い方」とか、そういうレベルでのお話ではありません。別に難しい漢字を読めるからとか、普段使わないような難しい表現を知っているからって、日本語力が高いとは言えません。

そうではなく、早い話が「母国語でのコミュニケーション能力」ですね。これが高い人は、間違いなく英語(やその他の言葉)の上達が早いです。上達が早いだけでなく、上手に話せるようになります。よく、英語のスピーキングで自分が話したいことをどうしても口に出来ないとか、会話で相手が言っていることがサッパリ理解できないとか、そういうご質問や悩みのメールを頂くのですが、こういう方が初心者ではなく、もう何年も英語の勉強を続けていらっしゃる場合には、「英語力」ではなく「日本語でのコミュニケーション力」があるかどうかを疑ってみて下さい。

当然ではありますが、日本語がヘタクソなのに(言葉が汚くてスミマセン)、それ以上に英語がうまくなることは有り得ないのです(^^; いいですか。ここはとても大事なところです。

普段話している日本語で、どの程度自分のことを表現出来ますか?
伝えたいことを伝えられますか?
相手の言っていることを理解できますか?

もし長い間英語を勉強し続けているのに、どうしても伸び悩んでいるとか、壁をこえることが出来ないと感じているのであれば、一度ご自身の「日本語でのコミュニケーション力」を客観的に知ってみると良いでしょう。自分は、仲間内では「話し上手」な方か「話ベタ」な方か、周りの人に聞いてみて下さい。人の話を聞くタイプか、それとも昨日お話したように「ほとんど真剣に聞かない」タイプか、そういうところも実は語学の習得に大きく影響しているのです。

そして、もし日本語でのコミュニケーション力が低いのであれば、それはちっとも暗い話ではありません。なぜなら、問題は「英語力」にあるのではなく、「日本語力」にあるのですから。その場合は、英語の勉強を少しお休みして、日本語でのコミュニケーション力を養うトレーニングや勉強をすると良いわけです。これは英語の勉強やトレーニングよりは遥かに簡単なはずですから。意外とそれだけで英語のコミュニケーション力も格段にアップすることがよくあるのです。
英語を上達させたいなら日本語から見直すことも大切ですね(^^)

[ 私のオリジナル教本・教材選択ガイド ]



clip_image001 clip_image002


clip_image001[1]


clip_image001[2]

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ