英語習得に成功する絶対条件

英語習得に成功する人と、いつまで経っても結果を出せない人には、たった一つの「大きな違い」があります。それは、とてもシンプルで単純な「違い」なのですが、あまりに大きな差をもたらします。

これまで何年、何十年と英語を勉強し続けているのにちっとも成果を出せない、いつまで経っても英語を身につけることが出来ない!と悩まれているのであれば、どうかこの違い(絶対条件)に気付き、今すぐ間違いを正して下さい。

英語習得にあたっては、色々な人が色々なことを言っています。
ある人は「英文法」を丸暗記すれば良いと言います。
そしてまたある人は「ボキャブラリー」を徹底的に構築せよと言います。
他にも「聞き流すだけでOK」という人もいれば、スクールに通わなければ無理だと言う人もいます。英語教師、インストラクターがいれば、その数だけそのようなアドバイスが存在するわけですね。

そんな中、このようなアドバイスや忠告、教えに翻弄されて「英語習得方法」の情報の海に溺れてしまっている人がとても多いのです。

多くの日本人の英語学習者は、このような情報の波に飲まれ、もがき苦しんでいます。もう色んな人が色んなことを言いすぎるので、何が何だかわからなくなってしまっているんですね。まさに情報の波に飲み込まれ、そこから出られなくなっているわけです。
そこで今日、声を大にしてお伝えしたいのが…
「決してブレないこと!」
です。

はい。実はこれが「英語習得に成功する絶対条件」なんですね。

「ブレないこと」
一体、何が「ブレ」てはいけないのでしょうか?

それはあなたの「英語習得のポリシー」です。「英語習得の方法」と言っても良いでしょう。つまり、一つの英語習得の方法を知ったのであれば、それ以外の方法に心を揺さぶられないようにすることです。

ほとんどの英語学習者が英語習得に関する情報の多さに惑わされています。
ある人が「英文法を丸暗記するといいよ」と言ったら英文法を丸暗記しようとし、それが辛くなったり面倒臭くなったら、今度は別の人の意見を捜し求めます。そして、別の人が「単語を全部覚えるといいよ」と言えば、また単語を覚えようとし、それが辛くなればまた別の方法を探す…。

実は、ほとんどの人がこれを繰り返しています。
「どこかにもっと良い方法があるのではないか?」

人間というのは弱い生き物です。楽な方へ、楽な方へと流されます。もっと楽な、もっと手っ取り早い方法があるのではないか?常にそう思っているわけです。だから、毎晩ネットを見ながら、もっと簡単な方法はないか、もっと確実な方法はないか、そればかりを探し続けているわけですね。

Aという方法が良いと思ったらその方法を少しかじり、しばらくするとBという方法が良いように思えてくる。そうするとBの方法を試そうとし、今度はCというやり方も良く感じてくる。同じようにDも、Eも、Fも…という感じでブレまくり、回りまわって結局英語力がまったくついていない自分に気付くわけです。

英語習得を真剣に達成したいと考えているのであれば、「ブレ」てはいけません。確固たるポリシーをもって、一つの方法を徹底的に貫くスタンスが必要です。

あれもこれもと目移りばかりしていると、結局何も身につけることが出来ずに終わってしまうわけですね。まさに「二兎を追う者は…」の諺通りとなるのです。

一方、英語の習得に成功する人というのは、一つのことに集中します。例えば、それがスクールや教材であっても「アレコレ目移り」しません。ブレないんですね。一つの方法論を見つけ、これだ!と確信したら、とにかくそれ一本を「やり遂げ」ます。

従って、「英語習得を成功させる唯一の条件は?」と聞かれたら、私は迷わずこう答えるでしょう:
「コレこそ!と思える一つの習得方法を見つけたら、それ一つに集中して結果を期待することです。決して『ブレない』ことです!」

どうか、これを読んでいるあなたは「ブレず」に、一つの方法に専念して下さい。必ず結果は出ますから(^^)

では、また明日~!

 




矢印


矢印


矢印

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ