英語の発音が酷くても外国人にハァ?と言われない為の魔法

英会話の時に、こっちが話したことが

ネイティブ・スピーカーに通じず、

Excuse me? とか、What? とか、

怪訝な顔で聞き返されるのってすごく

イヤですよね。

特に、中には Huh? みたく、

露骨に厭な顔をして、あの鼻にかかった

独特の発音で「ハァ?何だって?」

みたいに聞き返されると、メッチャ

腹立ちませんか?殴ってやりたくなる(笑)

まぁ、それもこれも全てこちらの

(日本人の)英語の発音がお粗末な為に

相手に通じないのが原因というわけですが。

実際、英語の発音が苦手で、なかなか

通じないということで悩まれている方は

たくさんいらっしゃいます。

で、これは耳の問題でもあるのですが、

耳の良い人(聴覚が優れているというよりは、

音楽的センスのある人)は発音がとても

上手です。

なぜなら、英語の発音を、まさに

音楽のように捉えることに長けている

からですね。しかし、そうでない人は

なかなか英語の発音を上手に真似ることが

出来ません。音で捉えることが出来ない

からです。

これは当人にはどうしようもないこと

なのです。そこで今回は、耳の悪い人

(聴覚のことではなく、英語の発音を

捉えるのが苦手な人…という意味)でも

バッチリ通じるようになる簡単な発音の

コツを教えましょう。

それは本当に簡単なコツで、聞いたら

ビックリしてしまうかも知れませんが、

めっちゃ効果的です。それは、、、

ただ単に「声を1.5倍大きくする」

ということです。

「え~、そんなことで英語が通じるように

なるの~?ウソだぁ~」

今、あなたは心の中でそう思われているかも

知れません。

しかし、これは本当なのです。その理由は

吐く息の量にあります。元々英語というのは

息をたっぷりと使って「空気」の出し入れで

音を作り出す言語と言えます。

特に子音の音(母音 a/i/u/e/o 以外の音)は

ノイズ成分が多く、このノイズは声帯を

使うのではなく、空気(息)を使って

作り出す必要があるのです。シュッとか

プッとか、クッとか、トゥッとか、

そんな感じの音。

ただ、ここで難しい「子音」だの

「母音」だの「音節」だのと解説しても、

発音が苦手な人にはサッパリわからない

でしょう。だから、ただ単に声の音量を

1.5倍にすれば良いと覚えておいて下さい。

声を大きくするということは、必然的に

使う空気(息)の量が多くなります。

当然ですが、大声を出すにはより多くの

空気(息)必要だからです。

そこで、今の音量の1.5倍を目安に、

より大きな声で英語を話すようにしてみて

下さい。ただそれだけで、あなたの英語は

驚く程通じやすくなるはずです。

次にネイティブ・スピーカーと英語を

話す機会があれば、ぜひ意識的にやってみて

下さい。そして、通じやすくなった!という

実感があればぜひ報告して下さいね^^

追伸:

このメルマガも、ただボーっと読んで

「ふーん、なるほどねぇ」で終わらせる人と、

「へー、それじゃ今度やってみよう」と

実際にすぐに行動に移せる人の二派の読者が

います。当然ですが、後者の方が実際に

英語力を身につける確率は高くなります。

もしあなたが、早く英語を話せるようになりたい…

と切望しながらも、なかなか行動に移せない

のであれば、この秘密のプログラムが絶対に

役立つはずです。ちょっとチェックしてみて下さい:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/english-action-method/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年6月1日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語の発音

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ