英語で自己紹介するのが苦手?それなら、この練習を試して!

あなたは英語で自己紹介をすることが

出来ますか?もちろん、中には自己紹介が

得意な方もいらっしゃるでしょう。

しかし、自分自身のことを客観的に

他人に説明することに(しかも英語で!)

苦手意識を持たれている方は少なく

ありません。

ただ、実を言うと英語での自己紹介は

それほど難易度の高いタスクではないと

言えます。その理由は、一度準備さえして

しまえば、後は定型文だけ覚えておけば

良いからです。

当たり前の話ですが、自己紹介というのは

相手によって内容が変わるものでは

ありません。誰もが自分のことを

どの相手にも同じように紹介します。

つまり、使い回しがきくということです。

だから、英語の自己紹介が得意な人は、

もう完璧な「定型文」を頭の中に入れて

います。そして初対面の相手に会う度に

同じことを繰り返すのです。

しかし、英語での自己紹介が苦手という人は

そのような準備を行っていません。

いつも「出たとこ勝負」、行き当たりばったり

の自己紹介に終始します。だからいつでも

シドロモドロになってしまうわけですね。

ところで、自己紹介をするにあたって

お薦めのライティング・トレーニングが

あります。それは「自分史」を英語で書いて

みることです。

えー、「自分史」を英語で書くなんて

何だか難しそう~!と思われましたか?

もちろん、完璧な英文を書こうと思わないで

大丈夫です。

英語のライティングに慣れていないのであれば

箇条書きで、これまでのあなたの人生について

一つ一つ書き表してみれば良いのです。

いつ、どこで生まれたのか。どこで育ったのか。

どんな学校へ行き、どんな友達がいたのか。

どんなことに興味があって、どんな楽しい体験を

したか。あるいはどんな辛い、悲しい体験をしたか。

こんなのは何でもいいんです。あなたの

これまでの自分史を英語で書いてみて下さい。

難しければ単語の羅列でも構いません。

そんな自分史を書くことによって、自己紹介が

とても上手になります。なぜなら、人は自分自身の

ことを知っているようで、実はあまりよくわかって

いないものだからです。

自分史を書くことで、自分自身の色々なことに

気付くわけですね。そうやって客観的に

自分のことを見つめることで、より魅力的な

自己紹介が出来るようになります。

ぜひ、時間をとって挑戦してみて下さい。

追伸:

でも、、、英語の書き方、ライティングの手順が

わからない!という方は、こちらのプログラムが

とてもお勧めです。毎回、アウトプット・

トレーニングの回では英語を簡単に書くことが

出来る手順を一からわかりやすく解説しています。

誰でもビックリするほど簡単に英語を書くことが

出来るようになりますよ^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/english-marathon-2017/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年5月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ライティング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ