英語が得意な人のこんな「裏の習慣」を真似しちゃおう!

英会話の時に、自分が言いたいことを

きちんと話せて、それが相手にしっかりと

通じたらとても嬉しいですよね。

一方で、もちろん思うように話せない

ということも多いと思います。

「ウーン…〇〇って、どう言えばいいんだろう」

「エート…ここは□□でいいのかなぁ?」

そんな感じで、何とも「モドカシイ」

感じで英語を話されている方がたくさん

いらっしゃると思いますが、、、

実はそんな「モドカシサ」は、

英語が得意な人も、不得意な人も皆さん

同じなのです。英語をペラペラ話せるように

見える人も、実は結構言いたいことが上手く

言えずにフラストレーションをためている

ものです。

しかし、英語が得意な人はその後が違う

んですね。何か自分が言いたいことが

上手く言えなかった…という時は、必ず後で

その語句や表現をきちんと調べて覚えようと

します。転んでもタダでは起きないのです。

ところが、なかなか英語が話せるように

ならない人は「喉元過ぎれば熱さ忘れる…」

ではありませんが、英会話でうまく話す

ことが出来なくても、その場が過ぎれば

もう何事もなかったかのようにスルーして

しまいます。「ま、いいか」なんて…。

そうではなく、英会話というのは

ある意味、そういった「うまく言えない

英語の語句・表現」を発見するための機会、

であると捉えた方が良いです。

つまり、英会話でシドロモドロになって

しまった時こそチャンスということですね。

よくピンチはチャンスと言いますが、

本当にそうなのです。

その時言いたかったこと、相手に伝えたかった

ことをしっかりとメモしておき、家に帰って

きちんと辞書を調べて、自分の表現として

インプットしておくということです。

これによって、また次の機会に同じような

ことを言いたい時、今度はパッとスムーズに

口から英語の表現を出すことが出来るように

なるはずです。

だから、そういった習慣を身につけられる人は

英語の習得も早いものです。失敗しても、

それを成功につなげられるということですね。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

それではどうぞ楽しい週末を~!

追伸:

んでもって、こちらもご案内が終了と

なりますので、気になっている方は

忘れずに今夜中にお申込み下さいね!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/back-to-basic-summer2017/

* 残り数時間で完全に終了です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年5月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ