英語の上達が早い人はエネルギーを注ぐ方向性が違う?

 

最近年を取ったのか涙腺が弱くなって

困ります。先日も、洋楽の英語講座を

執筆していた時に、昔の曲を聴いただけで

涙がポロリとこぼれ落ちました。

音楽ってやっぱりいいなぁと思いました。

 

一方で、イギリス・マンチェスターでは

人を感動させてくれる、そんな音楽を

聴きに来た大勢の若者たちを狙った卑劣な

テロが起きましたね。

 

同じ地球上に、ある人々は美しい音楽を

作って多くの人々に感動を与えるために

生まれ、一方で一部のならず者たちは人々を

無差別に殺害するために生まれて来る…

 

この差って一体何なのかな?と本気で

考えてしまいました。やはり一番の違いは

エネルギーの方向性の問題なのかも知れません。

 

つまり、人間に秘められた可能性や能力を

ポジティブな方に向けるか、ネガティブな

方に向けるかの違いということです。

 

イスラム国のテロリストも、北朝鮮の

将軍様も、あるいは世の中にたくさんいる

犯罪者たちも、その力を「愛」や「創造」

といったポジティブな方へ向ければ良いものを、

「憎しみ」や「恐れ」「破壊」といった

ネガティブな方へ向けるから悲劇が繰り返される

のです。

 

これは英語の学習にも言えます。

常に「楽しい」「面白い」「ワクワクする」

「頑張る」「話せる」「聴き取れる」…といった

ポジティブな方向へ注力すれば必ず英語力は

身に付きますし、上達します。

 

しかし、中にはどうしてもポジティブに

捉えられない人がいるのです。英語の学習が

「つまらない」「退屈」「面白くない」

「もういやだ」「話せない」「聴き取れない」

…といったネガティブな方へ向かうともう

いけません。

 

同じエネルギーなのですが、注力する

方向が違うと結果もまったく異なってくる

ということです。

 

例えば同じコンピュータの専門知識があっても

社会貢献出来る技術者になる人と、ウイルスを

ばら撒いたり、ハッカーになったりする

「ならず者」がいるのと同じですね。

 

だから、英語の学習も常に「楽しいね」

「面白いね」「興味深いね」「よしやってみよう!」

という前向きな気持ちでいることが大切という

わけです。どうかあなたの能力をポジティブな

方に向けてみて下さい。必ずうまく行くはずです。

 

 

 

追伸:

ぜひこの機会に英文法のおさらい、総復習を

一緒にやりませんか?英語の基礎知識がしっかりと

わかっていると気持ちよく、常に自信を持って

英語と接することが出来るようになりますよ^^

 

「よし、やってみよう!」というポジティブな方は

こちらよりどうぞ!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/back-to-basic-summer2017/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ