自分の英語にどうしても自信を持てなかったら、こんな機会を…

 

英語を習得するには二通りのやり方が

あります。一つはいきなり「実践の海」

に飛び込んでしまうというやり方、

もう一つは文法などの基礎をしっかりと

押さえて理論的に学んでいく正統派の

やり方です。

 

 

私の場合は先に「実践の海」に飛び込み、

後から細かい知識を身につける…という

アプローチが功を奏しました。そして、

そのアプローチで「楽器の弾き方」も

マスターすることに成功したのです。

 

 

実は英語も楽器も、習得アプローチが

とても似ているのですが、私はピアノやギター、

ベース、そしてドラムを基礎から勉強する

のではなく、見よう見まねで覚えました。

 

 

実際、そのようなアプローチで楽器を

弾けるようになる人は結構多く、

有名なミュージシャンでも楽譜が読めない

という人がいるほどです。

 

 

しかし、残念なことにやはり最後の最後では

基礎をしっかり学んだ人にはかないません。

なぜなら、音楽もきちんとした理論で

成り立っているからです。

 

 

素人目では同じように見えても、ちょっと

詳しい人からすれば「基本がなっていない」

ということがお見通しなのです。

 

 

英語の場合、ライティング(書き)で、

その「基本がなっていない」ということが

バレてしまいます。

 

 

スピーキングやリスニング、あるいは

リーディングでは多少ゴマカシがきいても、

英語を書くことで「ナンチャッテ英語力」が

露呈されてしまうということです。

 

 

そんなわけで、英語をマスターする際には

最初は「実践の海」にいきなり飛び込む形でも

良いのですが、あるレベルに達したら

やはり英語の基礎を一度しっかりと見直す

機会を意図的に設けた方が良いです。

 

 

あるいは、「実践の海」の飛び込んだは

いいものの、途中でアップアップ…と

溺れかけてしまっているようでは、やはり

英語の基礎(基盤)の部分が不足していますので、

この場合も一定のレベルでの基礎力の補強が

必要と言えます。

 

 

例えば英語を書いてみて、何だか自信が無いとか、

我ながらメチャクチャの英語だなぁ…と感じたり、

または英語を話したり、聴き取ったりする時に

どうしても不安感が払拭できない…という場合は

英語の基礎力(特に文法の最低限のルール)が

絶対的に不足していると断言出来ます。

 

その場合は、そのまま放置していても

自然と改善することはありませんので、やはり

機会を設けて「英語の基本」を一度しっかりと、

腰を据えて復習するべきでしょう。

 

ちょうど、こんなおあつらえ向きの

「英語の基礎講座」の初夏のキャンペーンを

やっていますので、よろしければ参加してみて

下さい。先着7名まで3500円の教本が無料で

貰えます。特に英語の初心者、文法が曖昧…

という方は是非この機会をお見逃しなく!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/back-to-basic-summer2017/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年5月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英文法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ