ステキな英語の話し方はこうやってどんどん真似しちゃおう!

 

英語を聴いたり、読んだりすることを

「インプット」と言います。つまり、

英語音声や英文などから新しい語句や

表現をどんどん覚える(頭に入れる)から

「インプット」というわけです。

 

 

具体的には、洋画や海外ドラマを

視聴すれば、そこから何かしら新しい

フレーズなどを知り得ることが出来ますね。

英文記事や洋書を読んでも、未知の語句、

ボキャブラリーをどんどん拡充することが

出来ます。

 

 

そんなわけで、インプット・トレーニング

というのは英語の語句や表現を新しく

知り得て、頭に入れるアクティビティである

と思われている方が多いのですが、実は

他にも色々と「得られること」があります。

 

 

例えば、ネイティブ・スピーカーの中には

とてもステキな話し方をする人がいます。

もう、本当に英語のサウンドが子守唄のように

聴こえるほど心地良く感じられる素晴らしい

英語の発音・喋り方の人がいるのです。

 

 

あるいは、これは男性の場合ですが、

やけにカッコいい英語の喋り方をする人が

いたりします。まさにワイルドな、

ハリウッド映画の俳優さんみたいな喋り方

をするネイティブ・スピーカーがいます。

 

 

で、そんなステキな、あるいはカッコいい、

英語の喋り方をする人を見つけたら、

そんな人の英語の「話し方そのもの」を

真似るようにすると良いです。

 

 

リスニングの練習をしていればわかりますが、

英語とひとことで言っても、人によって

発音や話し方は千差万別です。その中から、

この人の英語は素敵だなぁ、カッコいいなぁ…

と感じたら、それをとにかく真似してみる。

 

 

インプット・トレーニングでは、英語の

語句や表現といった知識だけを知り得る

機会だと思っている人が多いわけですが、

このように「話し方」とか「発音の仕方」、

あるいは「身振り手振り」とか「口癖」まで

含めて取り入れる(=インプットする)ことで

より自然な、まさにネイティブ・スピーカーの

「本場の英語」を身につけることが出来る

ようになります。

 

 

コツとしては「モノマネ」の要領でやって

みると良いです。まさにその人になりきって、

ステキな話し方で英語を話してみて下さい^^

特に洋画や海外ドラマなどを見ていて、

理想の英語を話す俳優さん、女優さんがいれば

積極的にチェックしてみると良いです。

 

 

追伸:

そうそう、このLAの英語学校の校長先生の英語も

ものすごくカッコいいので、そのまま真似したく

なりますね。以下のページで動画がありますので

ぜひ視聴してみて下さい。同時に、値上げに

なる前にこの教材だけは手に入れておいた方が

いいですよ~。私もかなりお気に入りの教材なので!

↓↓↓
http://bit.ly/1b7yYgL

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年5月13日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ