英語を当たり前のように生活に取り入れてみるとこうなります

 

英語をペラペラと話せる人には

共通の傾向があります。それは、

英語を「特別視」していないという

傾向です。

 

一方で、いつまでも英語を話せるように

ならない、聴き取れるようにならない…

と悩んでいる人に限って、英語を

何か「特別なもの」として捉えている

傾向があります。

 

その最たる違いが「英語の勉強時間」

という区切りです。毎日の生活の中で

英語が得意な人というのは、特に

「英語の勉強時間」という区切りの

意識がありません。

 

朝起きてから、夜寝るまでの間で

日本語は日本語、英語は英語で

必要に応じてその両方を使い分け、

英語を使う時は「当然のように」

英語を話し、聴き、或いは書いたり

読んだりしています。

 

つまり、彼らにとって英語は何か

特別なものでもないし、それは

日本語と同じように、単なる

コミュニケーションのツール以外の

何物でもないということです。

 

しかし、多くの英語学習者は、英語を

何かとても「特別」なものとして

捉えているケースが多いのです。まるで

腫れ物にでも触るような感覚で、

構えてしまうということです。

 

だから、一日の中でわざわざ「英語の

学習時間」を作ります。別に、生活の

中で「英語の学習時間」と分け隔てる

必要は無いのですが、どうしても特別視

してしまうのです。

 

故に、英語の勉強時間内であれば

英語を話したり、聴いたり、書いたり、

読んだりするけれど、それ以外の時は

特に英語に触れることはしない…という

不自然な捉え方になってしまいます。

 

そうではなく、英語を「当たり前のもの」

として、あなたの日常生活に取り入れて

みて下さい。別に「勉強」と思わなくて

いいのです。

 

ただ洋画や海外ドラマをダラダラと

視聴することでさえ、効果的な英語の

インプットになります。メモを取る時に

英語を使ってみたり、ニュースを英語で

聴いてみるといった取り入れ方も自然で

お勧めです。

 

それから、あなたの趣味や興味のある

ことを英語で調べたり、情報発信して

みたり出来れば完璧です。こういった

アプローチで英語と接していれば、

確実に数か月以内に英語力の劇的な

向上を実感できるはずです。

 

 

追伸:

こちらのプログラムに参加出来るのは

残り4時間ちょっとです。最後のチャンスを

お見逃しなく!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eigo-de-moneymaking/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ