「英語好き」で搾取されるか、自分が儲けるか…どっちがいい?

今日のお話は、英語学習に関するトピック

ではなく、ずばりテーマは「お金儲け」に

関するものです。

 

ただ、お金の話を大っぴらにすると、

「何だか嫌だな~」とか、

「何だか下品だな~」とか思われる方が

いらっしゃるのも事実です。

 

でも、どうかご安心下さい。今からするのは

ただの「お金儲け」の話ではありません。

 

あなたの「英語好き」を、いかに有効に

活かして、それを大切な「お金」に変える

ことが出来るか、そういったノウハウのお話

です。

 

そして、これはとても貴重なお話ですから、

どうぞ最後までしっかりと読んで頂ければ

嬉しく思います(あなたの人生が変わるかも

知れないお話です)。

 

さて、この日本という国では、英語をうまく

活用することで、誰もが経済的にゆとりを

もった生活をすることが出来るようになります。

 

それは何故かと言うと、未だに多くの日本人が

英語に対して「どうにもならない苦手意識」を

持ち続けているから、です。そして、これは

今後もまず変わることはありません。

 

そんな中で「英語が大好き!」とか

「英語が得意!」といった人には大きな

アドバンテージがあるということですね。

 

しかし残念なことに、多くの人はその

アドバンテージの「活用方法(ノウハウ)」

を知りません。だから「英語好き!」という

せっかくの適性を持っているにも関わらず、

それを活かすことが出来ないのです。

 

一部の「英語好きな人」「英語が得意な人」は

その活用法(ノウハウ)を知っているので、

この10年ぐらい、うまい具合にお金を稼ぎ、

経済的なゆとりを手に入れています。実は、

かくいう私もその一人なのです。

 

一方で、同じ「英語好き」な人々であっても、

そのようなノウハウを知らなければ、一生その

恩恵を受けることはありません。ただの

「英語好き」「英語の得意な人」で終わって

しまうということです。

 

さらに言えば、ただの「英語好き」の場合は

「搾取の対象」になる可能性があります。

英語好きという適性を活かしてお金を稼いでいる

人は本当にドンドン裕福になっていきますが、

そうでない人は逆にドンドン貧乏になって

行くのです。

 

なぜなら、日本の社会自体がそのような

構造になっているからです(=搾取の構造)。

この構造に気付くことはとても重要です。

 

同じ通訳者、翻訳者でも搾取の対象となる

人たちがいます(むしろそちらの方が多い!)。

あるいは、英語大好き!英語が得意!という

人ほど、搾取の対象になりやすいということ

です。

 

一体何が違うのか?どんな秘密が隠されて

いるのか?このプログラムで全て知ることが

出来ます。同じ英語好きであっても搾取される

側ではなく、お金を儲ける側に回りたいと

思いませんか?

 

詳しくはこちらの案内ページを読んでみて

下さい。あなたが「こちらの側の人間」に

なることを心よりお待ちしております!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eigo-de-moneymaking/

* なお、内容が内容ですので、募集はすぐに

終了となります。お早目にどうぞ!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ