簡単な英語なのに何故いつまでも聴き取れないのか?

 

リスニングのトレーニングをしていて、

どうしても聴き取れずに悔しい思いをして、

あとでトランスクリプトを確認すると

「なんでこんなに簡単な英語なのに、

聴き取れなかったんだろう…?」と、

さらに肩を落とすことがありませんか?

 

これ、本当によくあることなのですが、

英語の語句や表現が難しいから聴き取れないと

思い込んでいる人が多いですが、実は

簡単な英語ほど聴き取れないケースが多い

んですよね。

 

例えば、定番の挨拶表現で How’s it going?

なんてのがありますが、これが聴き取れない

日本人がとても多いです。あとは、海外旅行で

マクドナルド等で For here or to go?

なんて聞かれて「???」となってしまう人も

多いですね。

 

いずれも本当にシンプルでカンタンな単語

ばかりですが、どうしても聴き取れないのです。

で、これは一体どうしてなのか?ということ

ですが、結局のところ日本人が知っているのは

細切れの単語ばかりなんですね。

 

How’s it going? も For here or to go? も、

それぞれは how / is / it / going とか

for / here / or / to / go のように、

今や小学生(いえ、幼稚園児?)でも知って

いるような簡単な語ばかりです。

 

しかし、重要なことは、これらがまとまった時…

つまり慣用的な、よく使う「まとまった表現」

になった時、その「まとまりの音」を認識出来るか

どうかということなのです。

 

How’s it going? なら「ハウズィッゴーィン?」

For here or to go?「フォゥヒゥア・オゥア

トゥゴー?」といったまとまった音を知らなければ

いくらそれぞれの語が簡単であっても、これらを

言葉として認識することが出来ないのです。

 

では一体どうすれば良いのでしょうか?

答えは本当に簡単です。細切れの単語を覚える

のではなく、より大きな慣用表現のまとまりで

覚えるということ。それ以上バラバラにしない

ということです。

 

How’s it going? なら「調子はどう?」

For here or to go? なら「店内ですか、持ち帰り

ですか?」という意味で、丸ごと覚えてしまう

ということですね。

 

 

しかし「そんなことはわかっている。問題は

日本にいて、どうやってそんな英語の慣用表現を

知ることが出来るのか?」と思われる方も

いらっしゃるかも知れません。

 

 

はい、ご安心下さい。今や、YouTube さえ

視聴出来れば、英語圏の日常生活で使う定番の

慣用表現、お決まりのフレーズなんてのは

もう好きなだけ、イヤと言う程知ることが

出来ます(笑)

 

 

毎日暇さえあれば、英語の動画をどんどん

視聴して、そこで知り得た表現を片っ端から

自分のモノにしていけば良いだけです。何も

難しいことはありません。

 

そして、そんなアクティビティを通じて、

知り得た英語の慣用的な表現、フレーズを

実際の英会話でどんどん使ってみて下さい。

これをアウトプットと言いますが、英語というのは

この繰り返しでどんどん上達するのです。

 

逆に言えば、それ以外の英語の上達法は

ありません。本当にシンプルで、カンタンな

話なのです。あとは、それを実際にあなたが

やるか、やらないかの問題ですね。

 

 

追伸:

そんな英語圏の日常生活で耳にするような

定番の慣用的な表現、フレーズなどを

生のまま、丸ごと、そっくりそのまま体得

出来るのが、今夜締切のこちらのプログラム。

 

あと5時間少々で【完全に終了】しますので、

ぜひ積極的にご参加下さい。講座は来週開始です、

どうか乗り遅れないで下さい~!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/listen-to-commercials/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年5月10日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ