英会話のヒントはすべて「日本語の日常会話」にあります

 

「渡邉さん、どうすれば英語を

話せるようになりますか?」

…そんな質問をほぼ毎日、十年以上に

渡って頂いています。

 

 

私たち日本人にとって、英語を話す

ということは、それほど困難で難解な

問題・課題なのでしょうか?

うーん…私は、そうは思いません。

 

 

その答えは、実はそれほど難しいもの

ではなく、私たちが毎日身近で使っている

「あるもの」をじっくり考え直してみれば、

意外なほどシンプルにコツがわかるように

なります。

 

 

その「身近に使っているあるもの」とは…

「日本語」です。私たちが普段

日本語を読んだり聴いたり、話したり、

書いたりしている時のことをよくよく

考えてみれば、英語をどのように扱えば

良いのか容易に理解出来るはずです。

 

 

この話はいつもメルマガでお伝えしている

ことですが、私たちが日本語を話す時、誰も

そんなに厳密に、細かく扱っていませんよね?

すべて感覚、フィーリングで喋り聴き取って

いるのではないかと思います。

 

 

このメルマガの内容だって、一言一句

スラッシュで区切りながら、日本語の文法を

考慮しつつ内容を読んでいる人は皆無

でしょう(笑)そんな気持ちの悪い読み方を

している人がいたら…ちょっとコワイです^^;

 

 

おそらくスマホ片手に、テレビでも見ながら、

下手するとハナクソでもほじりながら(失礼!)

斜め読みしている人がほとんどでしょう。

誰も一言一句じっくりと読んでなんかいない

のです(もし読んでいたら、私のメール講座は

もっと大盛況のはずです:笑)。

 

 

日本語なら、そんな感じで流し読み

(あるいは流し聞き)するというのに、

どういうわけか英語となると目くじらを立てて

やれ「これは三人称単数現在」だの、

やれ「これは過去完了進行形」だのと

難しいことばかり騒ぎ立てる人が出てきます。

 

 

そうではなく、英語も、今あなたが

使っている日本語を扱うのと同じように、

自然体で、ザックリと、大雑把に捉えると

良いということですね。

 

 

しかしこういうことを書くと、

それは私たちが日本語の基礎を十分に知って

いるから大雑把に扱えるんだ…と反論する人が

出てきます。まぁ、確かに私たちは日本語の

基礎を十分に知っているかも知れません。

 

 

ただ、それを言うなら、英語の基礎だって

私たち日本人は十二分に知っているんですよ。

日本人は中学、高校、大学と人によっては

10年以上も英語を学びます(今は小学校でも

英語を勉強しています)。

 

 

したがって、日本人の多くは英語の読み・

書きが十分に出来ます。実は、これは世界的に

見るととても珍しいことなのです。英語が

読めて、アルファベットが書けるなら、

それだけでもう十分英語の基礎力があるという

ことです。

 

 

では、何が原因で私たち日本人は英語を

話せるようにならないのでしょうか?

それは冒頭でもお話しした通り、私たちが

普段日本語を話している(聴き取っている)

のと同じようにザックリ、大雑把に英語を

扱っていないことに諸悪の根源があるという

ことです。

 

 

このお話、サラッと書いてますが、実は

本当に重要な英会話上達のヒントなんですよ。

ゴールデンウィーク中に少しの時間があれば

ぜひ、今日お話ししたことをあなたなりに

考えてみて下さい。きっと何らかの気付きを

得られることと思います。

 

 

追伸:

そして、私がいつもお話ししている

コンセプトと同じことを教えてくれるのが

このロスの大人気英語学校のイケメン先生です。

値上がりする前に、手に入れておくことを

お勧め致します(コスパもいいですしね):

↓↓↓
http://bit.ly/1b7yYgL

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年5月2日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ