なぜ英会話でこんな「予行演習」をする必要があるのか?

 

最近は物騒な隣国がミサイルなどを

バカスカ飛ばして(失敗が多いですが)

本当に迷惑な話ですね。

 

 

実際にミサイルが飛んで来た時のことを

想定して避難の予行演習などを実施している

自治体もあるとか。

 

 

まぁ、何かが起きてからでは本当に遅いので

予行演習(避難訓練)は重要なことだと

思います。核ミサイルの場合はどの程度

逃げることが出来るのかわかりませんが…。

 

 

いずれにしても「予行演習」を行うことの

目的は、イメージ・トレーニングを通して

本番の感覚をあらかじめ掴んでおくという

ことです。それによって、本番で慌てない

ようにするということですね。

 

 

で、ミサイルの話からいきなり英会話に

強引に引っ張りますが、英語を話すのが

得意な人というのは、要するにこの

「予行演習」を、英会話においても常に

実施しているということなんです。

 

 

大多数の日本人は、ぶっつけ本番で英会話に

臨みます。それはもう、本当に何も準備せず、

丸腰で挑むわけですね。まぁ、その度胸は

買いますが、やはり何も準備せずに英語を

話そうというのは無茶な話です。

 

 

ではどうすれば良いのでしょうか?

もちろん、英会話も「予行演習」です。

 

 

これを徹底して行うことが出来る人は、

英語を話すのが得意です。常に、

英会話の前に自分がどんなことを話すのか、

或いはどんな会話になる可能性があるのか、

先回りしてしっかりと準備しているという

ことです。

 

 

よく、英語がなかなか話せるようになりません…

とか、英会話の時に黙り込んでしまうのです…

という嘆き節を耳にしますが、そういう方に

限って、結局なーんにも準備してないのです。

 

 

予行演習、イメージトレーニングなんて、一体

何のこと?といった感じです。それでいて、

ぶっつけ本番で英会話に臨んで、敢え無く撃沈…

という憂き目を見ることになります。

 

 

プロの通訳者でさえ、仕事の前にはさまざまな

前準備を行います。専門用語のチェック、

会話内容の確認、バックグラウンド事項の

入念かつ徹底的な下調べ…。

 

 

プロでさえ予行演習に余念が無いというのに、

英語学習者が何もせずに英語を話せるわけが

ありませんよね。だから、英会話は予行演習、

つまり準備が何よりも大切だということなのです。

おわかり頂けたでしょうか?

 

 

追伸:

でも、どうやって予行演習をすれば良いのか

わからない?それなら、明日まで募集している

こちらのプログラムに参加してみて下さい。

英会話の予行演習を一から全て「手取り足取り」

私・渡邉が直接指導させて頂きます!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/speaking-tensaku2017/

* プレゼント書籍は残り3セットのみ、

ぜひ今夜中にご参加下さい。お待ちしています!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年4月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:スピーキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ