大半の英会話は「予定調和」って一体どういう意味?

英語をなかなか上手く話すことが出来ない

ということで悩まれている方はとても多いです。

 

 

そういう方に、どうやって英語を話そうと

しているんですか?と尋ねると、たいていは

会話の時にその場で自分の話すことを考え、

それを頭の中で英訳しつつ話していると言います。

 

 

いわゆる「瞬間英作文」というやつですね。

もちろん、このアプローチでも初めのうちは

何とか会話が成立します。

 

 

それは何故かといえば、会話のスピードが

遅いからです。英語学習の初心者向けの

英会話なら、相手が手加減してくれますので

それで十分に対応できるかも知れません。

 

 

しかし、少しでも会話のレベルが上がると…

途端に言いたいことが英語で口から出て来なく

なります。故に多くの日本人がちょっと早い

英会話になると途端にモゴモゴしてしまう

というわけです。

 

 

なぜなら、「日本語での思考と英訳」という

プロセスに余計な時間がかかるので、スピードが

追い付かなくなるからですね。こうして、会話

自体がの勢いが失速し、そのまま終了となります。

 

 

では、どうすればこのような状態を回避出来る

でしょうか?脳内での英訳速度を極限まで上げる?

いえいえ、そんな修験者の荒行みたいなことを

しなくても十分対応出来るようになります(笑)

 

 

そのために重要なことは、まずあなたが

英会話というものがある程度「予定調和」で

成立していることを知るということです。

 

 

予定調和というのは難しい語ですが、要するに

誰もが予想出来る流れで、決まり切った結果に

終わることを言います。まぁ別の言葉で言えば、

「出来レース」みたいなものでしょうか。

「社交辞令」と言っても良いかも知れませんね。

 

 

例えば、相手が I quit smoking.「禁煙した」

と言ったとすれば、それに対する一般的な返答は

That’s good for your health.「それはあなたの

健康に良いですね」という感じになりますよね。

 

 

ここであなたがウーン、ウーン…と頭を

フル回転させて、何か気の利いた褒め言葉の

一つで言ってやろう…と意気込む必要はない

のです(それは上級者になってからの挑戦に

取っておけば良いです)。

 

 

もちろん、すべての会話が予定調和で成立して

いるわけではありません。そうではなく、

英会話を習得するプロセスにおいて、まずは

そういった予定調和の表現から【優先的】に

覚えていくと良いですよ…ということです。

 

 

では、どうすればこのような予定調和の表現を

効率的に身につけることが出来るでしょうか?

そのためにはきちんとしたやり方があります。

 

 

今日は少し長くなってしまいましたので、また

明日のメルマガでこの続きをお話ししますね。

どうぞお楽しみに!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年4月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ