英語を手っ取り早くマスター出来る人とそうでない人の最大の差

 

物事を習得する時、やけに早くマスターして

しまう人と、なかなかマスター出来ない人が

います。

 

もちろん、本人のやる気とか、あるいは

持って生まれた才能とか、センスとか

そういった要素もあるでしょう。

 

 

しかし実を言うと、人が物事を習得する

期間や難易度というものは、それが妥当だと

当人が「思い込んでいる」基準値によって

大きく変動するものです。

 

 

これは昔このメルマガでもお話ししたことが

あるのですが、指導者に何かを教わる時、

「1年で習得できるよ」と言われた学習者は

その通り1年で、「いや少なくとも3年は

かかるよ」と言われた学習者はその通り

3年をかけて習得しようとする傾向があります。

 

 

もちろん、期間だけではありません。

「これをマスターするのは相当大変だよ」

と言われた人は、本当に大変な思いをして

それをマスターします。

 

 

しかし「いや、簡単だよ。何てことないよ」

と言われた人は、実際に簡単に、容易に

それを見につけてしまうのです。いえ、

これは冗談ではなく本当にそういう傾向が

あるのです。

 

 

だから、「英語の習得は大変なことだ、

そんな簡単に身につくものでは無い!」と

言われ続けた人は、その人自身の中で

「英語は大変なもの」「そう簡単に喋れる

ようになるものではない」といった基準値、

固定概念が確立されてしまいます。

 

 

その典型的な例が、私たち【日本人】です。

私たちは幼少の頃から、英語は大変なもの

であって、そう簡単に話したり、聴き取ったり

出来るものではない!という間違った社会通念・

価値観で育てられているので、誰もがその通りに

英語習得の難易度・基準値を定めてしまって

います。

 

 

故に、多くの日本人が英語に苦手意識を感じ、

なかなか思い通りに話したり、聴き取ったり

出来るようにならないということですね。

 

 

このような固定観念から脱却するには、

日頃から常に「英語なんて簡単!」

「絶対に話せるようになるし、聴き取れる

ようになる!」と自分に言い聞かせるように

すると良いです。

 

 

逆に、「そう簡単に話せるように

なるわけがない」とか「聴き取れるように

なるわけがない」と言い続けている人、

思い込み続けている人は、その通りの現実を

引き寄せますので注意が必要なのです。

 

 

追伸:

というわけで、こちらの大人気リスニング

専門トレーニング・プログラムと

動画セミナー、PDFレポート配布はあと数時間で

完全に終了です!今すぐ参加お申込み下さいね^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/youtube-listening-training/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ