英語を話せるようになりたかったら専門家にならないで下さい!

 

いつも私はメルマガやメール講座で、

英語はもっと「大雑把」に捉えた方が

いいですよ~なんて言っているわけですが…。

実は私自身、元々ものすごい「神経質」

だったんです。

 

 

いや、本当に肝っ玉が小さいというか、

いつも細かいことばかり気にして、

クヨクヨしてばかりのケツの穴の小さい男

だったのです(笑)

 

 

それが、まぁアメリカでの生活で

だいぶ鍛えられたわけですが、それまでは、

本当に些細な単語の意味上の違いとか、

文法の細かい決め事の違いとか、そんなのが

気になって仕方がなかったんですね。

 

 

だから、いつも英語を話す時に細かいことが

頭に浮かんでしまって、その場で考え込んで

しまうことが多かったです。故に、会話は

盛り上がらず、いつも不完全燃焼…という感じで

フラストレーションがたまる一方でした。

 

 

そんな私が、ある時「もう細かいことは

気にしないで、間違ってもいいから勢いで

英語を話したり、聴き取ったりしよう」と

決意したわけですが、それ以降英語力がグンと

向上したのは言うまでもありません。

 

 

おそらく、これを読んでいる方の中にも

英語の表現のちょっとした違いとか、用法とか、

間違えやすい文法とか、細かいことばかりに

捉われて前進出来なくなっている人がいるかと

思います。

 

 

そんな方にぜひ理解して頂きたいことは、

【英語の専門家にならない方が良いですよ】

ということです。いえ、もしあなたが英語の

専門家だとか、専門家を目指されている方で

あれば話は別ですが、、、

 

 

もしあなたが英語学者ではなく、ただ単に

英語を使ったコミュニケーション、つまり

外国人との英語のお喋りを単純に楽しみたい…とか、

洋画や海外ドラマを字幕無しで視聴したい…とか、

そういった目標を目指されているのであれば、

絶対に英語の専門家にはならない方が良いです。

 

 

英語の細かいルールの論争などは、

英語オタクや頭でっかちの英語の専門家に任せて、

自分たちは「英語を単純に楽しむだけでいい」

…そんな感じのスタンスで英語と接していると

リスニング力もスピーキング力もぐんぐん伸びて

いくものです。

 

 

追伸:

というわけで、短いキャンペーンでしたが、

いよいよ明日こちらのページは完全に閉鎖と

なります。今晩中に動画を視聴してレポートも

目を通しておいて下さいね!

 

それから、3000円割引も残り僅かですから

最後のチャンスを見逃さないように~^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/youtube-listening-training/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ