あなたは自分の英語の発音にこんなこだわりを持っていますか?

YouTube で音楽を聴きながら仕事や

作業をすることがよくあります。

 

 

さまざまなアーティストのオリジナルの

音楽を聴いているとだんだん飽きてきて、

最近では素人とか、セミプロのような人が

カヴァーしているバージョンを聴くのに

ハマりつつあります。

 

 

中にはオリジナルの曲よりもいいな!

と思えるものもあって、すごいなぁ~と

感じるわけですが、「これはひどい!」

という作品ももちろんあります(笑)

 

 

特に、明らかにメロディーが違ったり、

コード(和音)がおかしかったり、

リズムがメチャクチャ…なんていうのが

あるわけですが、せっかく YouTube に

アップするなら徹底して作り上げれば

いいのになぁ…と思ってしまいます。

 

 

だって、楽器を演奏して、録音して、

それを動画にしてアップロードして…って

結構大変な作業じゃないですか。

そこまでやるなら、もうひと頑張りすれば

いいのになぁ…と感じるのです。

 

 

で、これは英語の発音にも通じる所が

あります。私の周りで、英語をペラペラと

話せる人がたくさんいるわけですが、

そういう人たちの英語の発音を聞くと

大きく二派に分けることが出来ます。

 

 

一つは、日本人なのにまるでネイティブ・

スピーカーのような発音で英語を話せる人。

もう聞き惚れるようなキレイな発音で

流暢に英語を話すことが出来ます。

 

 

もう一つは、一応英語はペラペラ話して

いるのですが、発音はほとんど「英語に

聞こえる日本語」といった感じ…。

そういえば、横浜の船乗りのおじさんの

英語がそんな感じなんですよねー。

 

 

もちろん、それでも十分通じていれば

問題ないといえば、問題ないです。

少なくともツールとしての英語の機能は

果たしているわけですからね。通じれば

問題はないのです。

 

 

しかし、それではちょっともったいない

気がします。なぜなら、せっかく英語を

ペラペラと話せるようになったのであれば、

もうひと頑張りすれば発音は簡単に改善

出来るからです。

 

 

これはまさに冒頭でお話しした YouTube に

投稿している素人(あるいはセミプロ)

アーティストのカヴァー作品と同じですね。

せっかくここまでやったのなら、あともうひと

頑張りして、徹底的に作り上げれば最高に

カッコいい作品になるのになぁ…というわけ

です。

 

 

まぁ言ってみれば、これは作品なり、

発音なりに当人がどれだけ「こだわれるか」

ということですね。英語の発音が上手な人は、

それなりに自分の英語の発音にこだわりを

持っている人が多いです。

 

 

もしあなたが、英語を話せるようになって

余裕が出てくれば、ぜひそんな発音へのこだわり

を意識してみて下さい。せっかく話せるように

なったのであれば、徹底的にこだわって、

ゴキゲンな英語を話せるようになって頂きたいと

思います^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年4月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語の発音

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ