外国人の豊かな表情を学ぶにはこんな楽しい動画がお勧めです

 

前回のメルマガで、日本人が英語を

話す時に、どことなくネイティブ・

スピーカーと違う、「違和感」がある…

というお話をしました。

 

 

その違和感は、実は「表情」にあって、

要するに英語圏の人々は表情豊かに

英語を話す一方で、日本人はどうしても

感情を表に出さない人が多いので、

無表情で英語を話す傾向があるという

ことでした。

 

 

このお話に共感を頂いた読者さんから

面白い動画を紹介頂きましたので

シェアさせて頂きたいと思います。

 

 

Just For Laughs Gags というカナダの

コメディ番組があり、その動画が

YouTube 上にたくさんアップロードされて

いるので、観たことがある方も多いのでは

ないかと思います。

 

 

いわゆる、日本で言う「ドッキリ」

(スタードッキリではなく、元祖ドッキリ

の方…と言っても若い人にはわからないか?)

の動画なのですが、これが本当に面白い

のです(英語では prank と言います)。

 

 

基本的に言葉は発さず、身振り手振りの

ジェスチャーと表情で内容を理解することが

出来ます。例えばこんなのとか、、、

Bodybuilder Wannabe Prank

https://www.youtube.com/watch?v=CYYberAmCrw

* 音が出ます、注意して下さい。

 

 

こんなのとか、、、ホント笑っちゃいますが^^

Old People Fart in Waiting Room !

https://www.youtube.com/watch?v=yF1QfGtljJk

* 音が出ます、注意して下さい。

 

 

とにかく、あちらの人々は表情がイイですね!

笑顔だけでなく、困惑した時の表情とか、

不快感を表す表情とか、バリエーション豊かに

顔を変えるのがわかると思います。

 

 

もちろん、日本人も笑顔、怒り顔、泣き顔、

色々とあるとは思いますが、やはり外国人と

比較すると、少し控え目というか、知らない人の

前でここまで感情を表情にさらけ出す…というのは

無いかも知れません。

 

 

英語の言葉自体、つまり文法だとか単語だとかを

学ぶのも良いですが、それ以外の部分として

このような表情とか、ジェスチャー、感情の

表し方をこんな面白い動画で研究してみるのも

良いでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年4月17日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ