英語を話すのが恥ずかしいとモジモジしてませんか?

英語が好きで、英語を話せるようになりたい…

だけど、英語を話すのが恥ずかしい!

相手の英語が聴き取れない時に「聴き取れません」

と正直に言うのが恥ずかしい!

…という人が結構たくさんいます。

 

 

まぁ、恥ずかしがり屋の日本人らしい悩みと

言えばそうかも知れませんが、やっぱり

恥ずかしがっていては英語はいつまで経っても

話せるようになりませんし、聴き取れるようにも

なりませんよね。

 

 

ただ安心して頂きたいことは、英語を話す

ことなんて元々「恥ずかしい行為」なんですよ。

だって、日本人なら日本語を話していればいいのに

わざわざ英語で話すというのですから(笑)

 

 

まぁ、それを言ってしまったら元も子も

ありませんが、いずれにしても英語を習得する

プロセスにおいては、誰もが100%確実に

恥ずかしい思いをするものです。

 

 

それは、英会話の時に言いたいことをうまく

英語で言えなかったり、或いは相手の英語が

聴き取れなかったり…という恥ずかしさから、、、

 

 

日本人なのに外国人みたいなふりをしている

自分自身を客観的に自覚した時に感じる

何とも言えない気恥ずかしさまで、まぁ色々と

あるわけです(笑)

 

 

だから、ハッキリ言ってしまえば「恥をかく」

ということや、「恥ずかしい」気持ちになる…

ということは、英語の習得においては絶対に

避けられないものだと思った方が良いです。

 

 

私もさんざん恥ずかしい思いをしてきましたし、

私の周りの英語ペラペラさんたちも皆

100%確実に「穴があったら入りたい!」

という思いをしてきているのです。

 

 

ただ問題は、恥ずかしい思いをしたくないから

英語を積極的に話そうとしないとか、ついつい

相手の英語が聴き取れたフリをしてしまうとか、

そういうことがあれば、やはり改善した方が

いいですよね。

 

 

英語のスピーキング力は、当然ながら実際に

「話す」練習をしないと絶対に伸びませんし、

英会話の時にいつまでも「聴き取れたフリ」を

続けていても、やはりいいことは無いです。

 

 

恥ずかしい…という気持ちはよくわかりますし、

誰だって恥をかきたくないものです。しかし、

本気で英語を話せるようになりたいのであれば、

多少の恥なんかに動じることなく、ダメ元の

精神でガンガン前進しましょう!いい年こいて

モジモジしている方がよっぽど恥ずかしいのです(笑)

 

 

追伸:

というわけで、映画の英語習得プログラム、

試してみたい方は他にいませんか?

モジモジしないでガンガン参加して下さい~!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/youga-eigo-course/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ