英語はこんなイメージ・トレーニングの連続だ!

昨日、英語の語句を覚える時には

なるべく例文にして、それをイメージ

(視覚化)して覚えると良いですよ…

というお話をしました。

 

で、実はこれは単語暗記だけでなく

例えばリスニングの時とか、

スピーキングの練習の時にも有効な

ことなんですよね。

 

リスニングで英語を聴き取る(聴解する)

時には、出来るだけ英語音声の内容を

頭の中に思い浮かべて、その状景の中に

自分がいるような気持ちで内容を捉えて

みると理解しやすいのです。

 

さらにスピーキングの場合は、特に

独り言の練習の時に、あたかも相手が

目の前にいるようにイメージして会話

してみることをお勧めします。

 

これは私もよくやるのですが、例えば

お風呂に入った時など、まさに目の前に

相手がいるように一人で会話の練習を

すると、とても効果的です。

 

まぁ、家に人がいる場合は先にひと言

断っておかないと「ついに狂った!」と

思われる恐れがありますが(笑)、

とにかくこの「イメージ・トレーニング」

というのは英語で非常に役立つものです。

 

さらに言えば、例えば私の英語習得法では

自分が話す英語の内容をあらかじめ準備

しておくことを推奨していますが、

そんな英語のセリフを作り出す時もやはり

イメージが重要ですよね。

 

これもまさに英会話で自分が話す場面を

想定して、おそらくこんなことを口にする

のだろうなぁ…と想像しつつ色々と英語を

書いてみるということですから、やはり

イメージ力・想像力が肝心ということです。

 

英語力を向上させたかったら、ぜひ

そんな観点からあなたのイメージ力・

想像力を高めるように普段から意識してみて

下さい^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ