単語を覚えても右から左へと忘れてしまう?それなら…

 

あなたは単語を覚える時、どうやって

覚えていますか?

 

昔、学生時代に使った単語帳を

使っていますか?それとも、ノートに

ひたすら書いて覚えていますか?

 

まぁ、いずれのやり方でも

最終的に英単語でも語句でも表現でも

頭にしっかりと定着すれば問題は

ありません。

 

しかし、機械的に覚えたボキャブラリーは

どうしても定着せずに時間経過と共に

忘れていくものです。

 

しかし不思議なことに、長い時間が

経っても覚えている語句とか表現って

ありますよね。

 

例えば、初めての英会話で出て来た

語句や表現とか、初めて相手に通じた

言葉とか、まぁ色々とあるかと思いますが、

そういった「印象深い」語句や表現は

やはり記憶に定着するものです。

 

それから、やはり「イメージ」で覚えた

言葉は記憶に強固に残ります。単語などを

覚える時に、例文にして、その例文の

シチュエーションのイメージを頭の中に

ありありと想像して覚えると頭に残りやすく

なるのです。

 

しかし、大半の英語学習者は英単語でも

イディオムでも、「文字」でしか覚えようと

しません。例えば、get along with ~で

「~と仲良くする」という意味の表現が

あります。これを文字だけで紐付けて

覚えようとする人がほとんどです。

 

しかし、これを例えばあなたの仲の良い人を

思い浮かべて、その人と get along with

という表現を紐付けてイメージ(絵・映像)で

覚えるとどうでしょう。その人の顔とか、

仲良くやっている様子を思い浮かべてみて

下さい。

 

確かに、若干覚えるのに時間はかかりますが、

その分記憶に強固に定着するので、長い目で

見ればこちらの方が効率的であることが

わかります(文字だけだと、すぐに忘れて

しまうからです)。

 

このように、英単語・語句・表現は

常にイメージを膨らませ、絵や映像を

頭の中に描き「視覚的」に覚える習慣を

身につけると良いです(私はいつもそうして

います)。ぜひ、参考にしてみて下さい^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年4月10日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:暗記・記憶法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ