英語の心配症・不安症に効くクスリはあるのか?

英語が苦手な人には心配症・不安症の人が

とても多いです。心配症・不安症というのは、

まぁ要するにいつも心配ばかりして、

不安になる人のことですね。

 

 

ところで「心配」とか「不安」って一体

何でしょう?どんな時に、人は心配したり

不安になったりするのでしょうか?

 

 

ほとんどの場合、人は先が見えないと

心配し不安になります。つまり、

「これから先、一体どうなっちゃうん

だろう?」と将来を悲観した時に人は

心配し、不安になるというわけです。

 

 

もっと言うと「既に起きていること」を

心配したり、不安になったりする人は

いません。なぜなら、もう確定している

事実自体はそれ以上心配しようが無いから、

です。

 

今の会社、クビになったらどうしよう。

路頭に迷うことになっちゃう…と不安に

なるのは、まだクビになっていない時です。

実際クビになったら、心配しようが無いのです。

 

 

そういう意味では、不安とか心配というのは

必ず「まだ起きていないこと」について

恐れたり、憂えたりする感情であることが

わかります。

 

 

つまり、不安とか心配というのは、

常に未来の不確定な要素についてあれこれ

考えるが故に生じる、「妄想」のようなもの

ということです。

 

 

例えば英語のリスニング。TOEIC テスト

なんかその最たるものですが、実際に

英語音声を耳にすると「聴き取れないんじゃ

ないか?」と恐れ、ビビる人がたくさんいます。

 

それは外国人との英会話でも同じです。

「ああ、聴き取れなかったらどうしよう。

この人に早口でまくしたてられたら

どうしよう…」と思うから、不安・心配に

なるのです。

 

 

そして、一番もったいないのは、

そういった「妄想」のような不安・心配に

よって、本来は英語の聴き取りが十分に

出来る力があるのに、その力を発揮できなく

なるというケースです。

 

 

いわゆる「ビビリ」とか「小心者」という

本番に弱いタイプですね。本来は落ち着いて

聴き取ればしっかりと理解出来るのに、

妙に心配になったり、不安になったりするから

肝心の本番で聴き取りが出来なくなってしまう

のです。

 

 

この対処法はなかなか難しいのですが、

やはり自分が不安症・心配症だと感じている人は

普段からそういった「不安・心配」は全て

自分の妄想から来ていること(=まだ起きていない

ことを必要以上に恐れ、憂う感情であるということ)

を理解することが大事なのではないかと思います。

 

 

また、これは私の経験則ですが、

「ダメで元々!」「当たって砕けろ!」

のように、腹をくくってしまうと意外と

何でもうまく行くものです。そして、心配とか

不安というものが、後になるとバカみたいな

妄想であったことに気付くのです。だから、

Don’t worry, be happy! ですよ^^

 

 

追伸:

ということで、不安・心配になっている

暇があったら、毎日一緒に楽しく英語を読んで、

聴き取って、書いて、話す練習をしましょう~!

早割は残り僅か、遅くとも明日で終了です:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/english-marathon-365/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ