英語を感覚的に話せるようになるためにあなたがすべきこととは

 

随分昔に、日本人で英文法が得意な人と一緒に

ネイティブ・スピーカーと会話をしたことが

あります。

 

 

その時、「stop ~ing と stop to ~の

違いを説明して下さい」みたいなことを

その日本人が質問したのですが、ネイティブ・

スピーカーはとても困った顔をしていました。

 

 

実際、その英文法が得意な日本人は

stop ~ing と stop to ~の違いを十分に

理解しているにも関わらず、確認のために

尋ねたらしいのですが(ちょっと意地悪?)

 

 

ネイティブ・スピーカーからすれば、

細かい説明は出来ないけれど、こういう

シチュエーションの時は stop ~ing を

使うけれど、こういう時には使わない…といった

「感覚的な違い」しか分からなかったようです。

 

 

でもそれって、当然のことなんですよね。

例えば日本語でも「私が行く」と「私は行く」

の違いを文法的に説明して下さいと言われても

それを具体的に説明出来る人って、、、

おそらく居ない(または少ない)ですよね。

 

 

実際には、この「は」と「が」をきちんと

説明出来る日本語の文法があるわけですが、

ほとんどの日本人はそんな文法を考えながら

話しているわけではなく、感覚でこういう時は

「私は」と言い、こういう時は「私が」と言う…

というのを使い分けているのです。

 

 

それと同じことが英語にも言えます。

英語でも、文法を意識しながら話している

ネイティブ・スピーカーはいません。いえ、

英語を話せるようになった日本人だって

文法を意識しつつ話している人なんて一人も

いないのです。

 

 

皆「感覚的」に英語を話しているわけです。

しかし、なかなか英語を話せるようにならない

人に限って、文法ばかり気にします。

ここは可算名詞だから云々、、、

ここは現在完了進行形にしないと云々、、、

そんなことを気にしていてはいつま経っても

英語なんて話せるようになりません。

 

 

それでは、どうすれば感覚的に英語を話せる

ようになるのでしょうか?

 

 

その答えは極めてシンプルでカンタンです。

ただ単に、毎日たくさんの英文を読み、

出来るだけ多くの英語音声を耳に入れれば

良いだけです(=インプット)。

 

 

そして、そこから得られた新しい語句・表現を

ただ知って納得するだけでなく、そこから

さらに自分の英語表現を作り出し、実際に

口から出して使ってみるということ

(=アウトプット)。

 

 

ただ単純にそのようなインプットとアウトプット

のサイクルを毎日楽しみながら続ければ、

誰でも自然に、ごく短期間に、「感覚的に話せる・

聴き取れる英語力」を身につけることが出来る

ようになります。

 

それでも英語を話せるようにならない…

聴き取れるようにならない…というのは、

100%その人のインプット・アウトプットが

足りていないだけの話なのです。これ、本当に

重要な話なのでよく理解しておいた方がいいです。

 

 

 

追伸:

というわけで、ぜひこの最後の機会に

お得な条件・特典でインプット・アウトプットの

マラソンプログラムにご参加下さい。

あと少しで先行割引はおしまいです:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/english-marathon-365/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年4月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ