同じ人生、同じ英語の習得、結果を出せるのはどっちのタイプ?

 

人生って、車の後部座席に乗せられて

どこかへ連れて行ってもらっている

ようなものだと思うのです。

 

 

両側には窓があって、そのどちらでも

自由に見ることが出来ます。

 

 

左の窓の外には殺伐とした荒野と

おどろおどろしい景色が目に入ります。

よく見ると動物の死骸やら、墓場やら

あまり見たくない光景が続いています。

 

 

一方、右の窓には爽快な青空が広がり、

その下には色とりどりの美しい花が

一面に咲いています。生命力に満ち溢れた

景色を見ているだけで元気が漲ってきます。

 

 

ここで普通なら、右の窓だけを見続けて

人生を進むことが出来るわけですが、

どういうわけか世の中には、左側の

気持ちの悪い景色をわざわざ見続けようと

する人がいます。

 

 

同じ人生を進んでいるのですから、

どちらの窓を見ていても良いのですが、

なぜか殺伐とした荒野やおどろおどろしい

光景ばかりに目を向けてしまうのです。

それはつまり、物事を悪い方へ悪い方へ

捉える習慣が身についている人のことです。

 

 

怖いもの見たさ…というのもあるかも

知れません。しかし、どういうわけか

人によっては、ポジティブなものと

ネガティブなものがあった時、わざわざ

ネガティブな方を好んで選んでしまう人が

います。

 

 

これは英語の学習にも言えることです。

英語の聴き取りの練習をして、理解出来た

割合は同じなのに、人によって「これしか

聴き取れなった…」と嘆く人がいます。

一方で「こんなに聴き取れた!」と大喜びする

人がいます。

 

 

例えば外国人との英会話で「今日はこれしか

話せなかった…」と落ち込む人がいる一方で

「今日はこんなに話せた!」と笑顔を見せる

人がいます。どちらも同じ程度の英語力である

にも関わらず、です。

 

 

では、どちらのタイプの方が英語習得に

成功するか?といえば、それは言うまでもなく

後者のタイプです。事象は同じでも、

それを捉える姿勢によって、状況が180度

変わってくるからです。

 

 

同じ人生、同じ英語の習得であれば、

常にポジティブな方を意識して選択する習慣を

身につけること。実はそれが結果を出せる

唯一の鍵でもあるのです。

あなたはどちらのタイプですか?

 

 

 

追伸:

というわけで、4月からこの新プログラムで

毎日楽しく英語のインプット・アウトプット・

トレーニングを一緒に行いませんか?

 

早くも【早割】は残り少なくなってきました!

ぜひお早目にご参加下さい~

↓↓↓
http://www.loftypub.com/english-marathon-365/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ