英語学習で重要なのはこんな「キッカケ作り」なんです

 

あなたは毎日「英語と触れる時間」を習慣づけて

いますか?

 

ここで「触れる」と書いたのは、特に

英語の「勉強」と意識せずとも、毎日

何らかの形で英語を読んだり、聴いたり、

話したり、或いは書いたりする機会を

少しでも設けていますか?ということを

お尋ねしたかったからです。

 

英語を話せるようになりたい…

英語を聴き取れるようになりたい…

そのように切望されながらも、実際には

たまに気付いたように英語を読んでみたり、

何かの拍子に聞き流すだけの教材を試してみたり、、、

 

残念ながら、その程度の「英語との接し方」

では、あなたが本当に【使えるレベル】での

英語力を身につけるには到底負荷が足りないと

言えます。

 

そうではなく、毎日少しでも構わないので

生の英語と本気で触れ合う機会、キッカケを

設けること。まずはこれが重要です。それは

1日10分でも構わないんです。

 

最初は1日10分でも構わないから、英語圏の

人々が実際に日常的に接しているような

生の英語を読んだり、聴いたりしてみること。

また、そのようなインプットの練習から知り得た

生の語句・表現を使って英語を話したり、

書いたりしてみる…。

 

そのような毎日のアクティビティによって初めて

本当の意味で【使えるレベル】の英語力を、

あなたが身につけることが出来るようになる

ということです。

 

もちろん、その10分を20分、30分…あるいは

時間が許すならば1時間、2時間、3時間…と増やして

みて下さい。重要なことは毎日の英語との触れ合いの

最初の「キッカケ作り」です。

 

このような「キッカケ」がないと、ほとんどの

人は英語を話せるようになりたいと思っていても

なかなか行動に移せません。ただ何となく毎日を

過ごし、気付けば何年も経っているけれど英語を

話せるようになっていないという現実に愕然とする

のです。あなたも身に覚えがあるのでは?

 

一方で、毎日少しでも英語と触れ合うキッカケを

得た人は違います。「お、今日は渡邉さんから

笑えるYouTube の英語音声動画が届いているな。

今日はちょっとこれを聴いて練習してみよう」とか

「あ、今日はトランプ氏のゴシップ・ネタの英文

記事か。面白そうだ、ちょっと読んでみよう…」

のように、毎日スムーズに英語と触れ合うことが

出来るようになるというわけです。

 

そんなちょっとした「キッカケ」を提供するのが、

今年6年目になる大人気英語講座、別名「英語学習の

定食屋」と呼ばれるこのラインマスター毎日英語塾です。

なぜ「定食屋」なのかは、以下の特設サイトを

チェックしてみて下さい。配信内容と

スケジュールをご覧頂けば理由が分かるはずです。

 

 

ちなみに、この「ラインマスター毎日英語塾」

ですが、冒頭でお話ししている通り、3月20日で

一般受講生の募集受付を全て終了させて頂きます。

今回は、期間内にお申込み頂ければ受講期間が

「無期限」になるというとんでもない特典がついて

きます。

 

さらに先着20名様のみ受講料が1万円引きという

大盤振る舞い。まだ参加されていない方も、

これまで参加されている方も、ぜひこのラストチャンスを

お見逃しなく~!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/lm/mainichi-eigojuku-mukigen/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ