リスニング力を高めたいなら単純にコレとコレを試してみて!

 

「英語を聴き取れるようになりたい、、、

どうすれば聴き取れるようになるのですか?」

…というご相談をよく頂くのですが、

 

 

そんな方に「毎日どのくらいの時間を

英語のリスニング練習に割いていますか?」

と尋ねると、ほとんどのケースで数十分とか、

よくて1時間、ひどい場合はまったく練習して

いません…なんていう回答を頂くことがあります。

 

 

さすがに英語を聴き取れるようになりたいと

思われていて、まったく練習していない…

というのでは困ってしまいますが、単純に

リスニング力というのは「聴解の負荷の量」に

正比例して伸びるものです。

 

 

リスニング上達に関するさまざまテクニック

だとか、裏ワザみたいなものを皆さんは

期待されているかも知れませんが、実は

それ以前の問題で、よりシンプルに、とにかく

手っ取り早く聴解力を向上させたいということ

であれば、純粋にリスニングの負荷を高める

ようにすると良いです。

 

 

で、そんなリスニングの負荷の高め方ですが、

これには「時間的な高め方」と「レベルの

高め方」の二つのアプローチがあります。

 

 

前者は、本当に単純に、より多くの時間を

英語音声の聴き取り練習に割くよう努める

というアプローチです。簡単に言えば、

1時間の練習時間なら1時間半、2時間、3時間…

のように増やせば良いだけです。

 

 

それだけで、どんな人であっても確実に

リスニング力が養われるものです。

 

 

もう一つ、後者のアプローチは英語音声の

難易度を高める方法です。これは、例えば

今リスニングの練習に使っている英語音声が

簡単すぎると感じるのであれば、今よりも

少し難しい、手ごたえを感じる素材に変えて

みるということです。

 

 

私の経験則では、ちょっと速くて聴き取り辛い…

とか、頑張って半分くらいしか聴き取れない…

といったぐらいのレベルがちょうど良い負荷で

あると感じます。

 

 

常に、多少の聴き取り辛さ、負荷を感じながら

英語音声を聴き続けていれば、これも当然

必ずどんな人であってもリスニング力を徐々に

向上させることが出来るのです。

 

 

一番の問題は、こうした方がいいですよと

アドバイスをしても、「へぇ~そうか」とか

「なるほどねー」で済ませてしまうということ^^;

 

 

今日のメルマガを読んだら、ぜひ今晩から

ぜひリスニングの練習に応用してみて下さい。

結局「実践」しなければ何も始まらないので、

一緒に頑張りましょう~!

 

 

 

追伸:

というわけで、もしあなたがリスニングの

負荷を高めたいのであれば、海外の

英語インストラクターの動画はとにかくおススメです。

 

ちょうど良い負荷と楽しさ、やりがいを感じることが

出来る最高のリスニング素材ですので、ぜひこの機会に

こちらの実践会に参加してみて下さい。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/youtube-english-instructor2017/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年3月15日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ