なぜ非英語圏の人々はアッサリと英語を話せるようになるのか?

「え?あの人英語話せるの?すごいねー!」

「あいつにはかなわないよ、英語ベラベラだもん」

「英語は難しいから、そう簡単には身につかないよ」

 

 

あなたも、そんな言葉を口にしたり、

あるいは耳にしたりしたことがあるのでは

ないでしょうか。

 

 

少なくとも日本に生まれ、日本で育ち、

日本で生活してきたならば、上記は極めて

自然で当然な言葉です。誰もが普段の会話で

普通に交わす、ありふれた言葉とも言えます。

 

 

しかし、これらの言葉の内容は、

果たして真実、本当のことでしょうか?

 

 

つまり、、、

「英語を話せるということが本当に【すごい】のか?」

「英語をベラベラ話せる人には本当に【かなわない】のか?」

「英語を身につけることは本当に【難しい】のか?」

…ということです。

 

 

実を言うと、上記の言葉の背景にある

「日本人が持つ独特の価値観」(ある意味、

相当歪んでいる価値観と言えますが)が、

私たちの英語習得の足を引っ張る「諸悪の根源」

であることをご存知でしたか?

 

 

私たちは小さい頃から、「英語は難しい」という

価値観を植え付けられて育ちます。

「英語を習得することはとても大変なことで、

日本人にはまず不可能なことである」といった

絶望的・ネガティブな考え方を皆が無意識に持って

しまっているのです。

 

 

だから、多くの日本人英語学習者が英語の習得に

苦労します。「英語は難しい・習得困難な言語」

という価値観を植え付けられてしまっているので、

少しでも英語が話せる人のことを「すごい!」と

感じてしまうのです。

 

 

一方で、海外の非英語圏に住む人々はそういった

妙な価値観を持っていません。そういう人たちにとって

英語習得は決して不可能なチャレンジではありませんし、

むしろ話せるようになって当然…といった考え方を

持っています。

 

 

だから、誰もが「英語を話せるようになりたい」と

思えば、すぐにでも話せるようになってしまいます。

英語は難しい、不可能だ…といった妙な固定観念が

一切無いからです。

 

 

それは、例えば海外の英語インストラクターたちの

英語レクチャー動画のコメント欄を見れば一目瞭然です。

皆、英語を習っている身ですが、堂々と「英語で」

コメントを書いています。当然のように「英語で英語を

学び、ツールとして英語を使っている」のです。

 

 

彼らにとって英語は特別なものではありません。

単なるコミュニケーションのツールです。だから、

驚くほど短期間で英語力を身につけてしまうのです。

話せて当然、聴き取れて当然だと思っているから、

なんということもなく、自然に喋れるようになって

しまうんですね。

 

 

もしあなたが本当に使える英語力を身につけたいのであれば、

変な日本の価値観に捉われることなく、彼らのように

自然体で「英語で英語を」学んでみましょう。ちょうど、

おあつらえ向きのこんなプログラムが用意されています。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/youtube-english-instructor2017/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年3月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ