あなたはどっちの英会話表現を身につけたいですか?

 

日本語もそうですが、言葉って大きく分けて

二種類ありますよね。一つは「形式ばった

堅苦しい言葉(フォーマルな言葉)」。

 

 

英語でも、教科書とか参考書のような書籍に

載っている表現というのは、形式ばった

堅苦しい表現が多いです。

 

 

なぜなら、それが正しい英語とされている

ものだからです。日本語だって、教科書に

載っている日本語はとても真面目ですよね。

まるで優等生が喋るような言葉ばかりです。

 

 

で、もう一つの言葉というのは、その逆で

「ラフで粗削りな言葉(カジュアルな言葉)」

です。いわゆる口語とか、スラングの類。

 

 

どういうわけか、日本人は口語とかスラングを

嫌う傾向があります。以前、メール講座で

スラングばかり紹介していたら「もっと真面目な

表現を教えて下さい」というクレームを頂いた

こともあります(笑)

 

 

もちろん、真面目な言葉、正しい表現というのも

大切ですから、どちらが良いとは一概に

言うことは出来ません。ビジネス・シーンで

スラングばかり使っていたら大変なことになる

でしょう。

 

 

ただ、あなたが洋画とか海外ドラマを字幕なしで

楽しめるようになりたいとか、海外の人々と

楽しく会話してみたいとか、そういった軽いノリで

英語力を身につけたいと思われているのであれば、

まさにそういった日常会話向けの「軽いノリ」の

言葉を優先的に覚えるようにすると良いです。

 

 

I’m thirsty. Get me a coke!

「喉が渇いた。コーラ持って来て!」

 

What a shame!

「ひどい話だ!」「つまんないの!」

 

He’s kinda slow, isn’t he?

「この子、頭悪いね」

 

 

こんな表現というのは、教科書的な真面目な

書籍ではあまり目にすることがありません。

しかしマンガにはこういう表現がたーくさん

あるのです(ちなみに、上記の表現は全て英語版

ドラえもんから抜粋したものです)。

 

 

で、英語が得意な人が話している言葉を

よく聞いてみて下さい。こんな口語的な表現を

積極的に使っていることがわかるかと思います。

 

 

もちろん、人によっては「真面目な英語表現

だけを学びたい!」という方もいるでしょう。

それはそれで構いません。しかし、もしあなたが

英会話向けの「軽いノリ」の表現を身につけたいと

思われているのであれば、、、ぜひ英語版の

マンガを使った学習を実践してみて下さい。

とっても楽しくて、マジで効果的ですよ。

 

 

追伸:

ちうことで、こちらはもうオシマイです。

また当分受講生の募集はありませんので、

やってみようかなぁ~と思われている方は

ぜひ勇気を出して(大袈裟ですが^^;)

この最後の機会にご参加下さい。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/dorasazae-english/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年3月9日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ