英語を話せるようになりたいと口だけパカパカ動かしても…

 

 

世の中には色々な挑戦、チャレンジが

あるわけですが、結局、最終的に結果を

きちんと出せるかどうかというのは、

当人がいかに「本気になれるかどうか」に

かかっているのではないかと思います。

 

 

たいていのことは、当人が「本気」に

なれれば、成し遂げられるものですよね。

逆に言えば、なかなか成し遂げられない…

というのは、その人が本気を出していない

ということなのかも知れません。

 

 

それは多くの英語学習者を見ていても

よくわかります。ある人は、

「英語が話せるようになりたいのです」

と言いながら、もう何年も勉強・トレーニングを

続けていますが、いまだに満足な英語を

話すことが出来ないと言います。

 

 

一方で、同じように「英語を話せるように

なりたい!」と思って、本気で、それこそ

何を置いてでも絶対に「英語力を身につける!」

という覚悟と気概で英語の学習を実践される

人は、実際に短期間で英語を話せるように

なるものです。

 

 

しかし、大多数の英語学習者は、

口だけパカパカと動かして「英語を話せる

ようになりたい」と言うわけですが、

実際にはそれほど英語と接する時間を設けて

いなかったり、具体的に計画を立てて真剣に

英語の学習に取り組まれていなかったり

します。

 

つまり、ものすごく「表面的」な願望である

というわけです。ただし、こういうのは

ファッションではないので、口先だけでただ

「英語話せるようになりたい」と言っていても、

当然ながら話せるようになるものではありません。

 

 

本気で英語を話せるようになりたいのであれば、

本気を出すしかないということです。では、

そんな「本気」とは何か?ということですが、

それは「何クソ!」と言える情熱のようなものでは

ないかと思うのです。

 

 

例えば、英語の聴き取り練習をしていて、

少しでも聴き取れないと「あーもうダメだ、

やーめた!」となる人と、ちょっとぐらい

聴き取れなくても「何クソ!絶対に聴き取って

やるぜ!」のように思える違いというんでしょうか。

 

 

いずれにしても、ファッション感覚では

なかなか英語力を身につけるのは難しいのです。

もっと本気になって、多少カッコ悪い事も、

恥ずかしいことも、面倒臭いこともあるでしょうが、

そんなのを気にせず「何クソ、やってやるぜ!」

と、ガンガン前進出来る意気込みが、要するに

「本気になる」ということなのです。

 

 

ボケーっとこんなメルマガを読んでいるだけでは

もちろん英語なんて話せるようにはなりません(笑)

そうではなく、「よし、いっちょやったるか!」

という覚悟と「絶対にめげない!」という本気を

もって、実際に行動開始するということ。

英語の習得にはそんな気概と行動力が不可欠なのです。

 

 

追伸:

ということで、あなたは本気を出せますか?

本気なら、ぜひ門を叩いて私に知らせて下さい。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/english-personal-trainer/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ