謙虚・控え目過ぎるとネイティブ・スピーカーがドン引きするかも…

 

日本在住のアメリカ人通訳者と話していて、

日本人の I can’t speak English. と連発する癖を

何とかした方がいいという話になりました。

 

 

これはよく海外であるジョークなのですが、

ネイティブ・スピーカーが日本人に

Do you speak English? と尋ねると、

流暢な英語で No, I don’t speak English.

と答える…というのがあります。

 

 

これが、向こうの人からするとものすごく滑稽に

感じるらしいんですね。確かに、日本に来ている

外国人に「日本語話せますか?」と尋ねて、

「いいえ、話せません」と流暢な日本語で返して

きたら、「今、完璧に話していたじゃん!」と

ツッコミたくなりますが、まぁそういうことでしょう^^

 

 

昔から日本人というのは本当に謙虚というか、

控え目であることが美徳とされていて、謙虚な

ことはいいんですが、それが外国人相手だと

誤解を招く可能性があるということを理解して

おいた方がいいかも知れません。

 

 

少しでも英語を話せるのであれば(少なくとも、

このメルマガの読者であれば)、

Yes, I DO speak English! と、堂々と

大きな声で答えていいんですよ。

 

 

中には英検1級とか TOEIC で900点以上とかで

No, I can’t speak English… なんて

モジモジ言っている人がいますが、私からすれば

頭を引っぱたいてやりたい衝動に駆られます(笑)

 

 

少しでも英語がわかる、話せるなら

もうその時点で Yes! と言っていいのです。

そうして、少しぐらい間違ってもドンドン

押し通す。そうやって英語力って身について

いくんですよ。

 

 

謙虚、控え目もいいですが、英語に関しては

もっと自信をもって堂々といきましょう!

以上、ちょっとした英語のマインドセット的な

Tip をお送りしました。ぜひ参考にして下さい。

 

 

 

追伸:

年に一度の渡邉のパーソナル・トレーナー

(コーチング)を受けられるチャンスです。

残り5名のみ!やってみるか!と感じたら今すぐ Go!で。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/english-personal-trainer/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ