なぜこんな便利な英語学習サイトがあるのに誰も使わないのか?

もしあなたが、どうしても短期間で英語を

話せるようになりたいというのであれば、

私は迷わずに海外(英語圏)の英語学校式

勉強・トレーニング法の実践をお勧めします。

 

 

俗に言う ESL (English as a Second Language)

というアメリカ(やその他英語圏)の英語学校、

或いはそのプログラムのことですが、その

カリキュラム内容がすごいんです。

 

 

スピーキング、リスニング、リーディング、

ライティングといった基本4大スキルは勿論のこと、

語彙、発音、文法なども徹底的に身に付けることが

出来ます。

 

 

なぜなら、ESL というのは第二言語としての

英語習得、つまり「非英語圏の人々のバイリンガル化」

に特化した英語の学習内容を提供してくれる学校・

プログラムだから、です。

 

 

早い人なら、たった2か月半のコースで

アメリカの大学で授業を受けるレベルの発言力、

聴解力、読解力、表現力を身につけることが可能

です。これは誇張でも何でもない、普通の話なんです。

 

 

ただ、あなたが英語圏に住んでいるなら良いですが、

日本にいるのであれば ESL に通うことは出来ません。

そこが少し残念なところではありますが…

しかし、今はインターネットがあります。

 

 

実際、海外の ESL サイトは非常に充実しており、

日本に居ながらにして様々な ESL インストラクター

によるレクチャー、エクササイズ、ワークなどを

無料で行うことが可能です。

 

 

このような海外の ESL サイトでは、リスニング、

リーディング、ライティングからボキャブラリー、

グラマー(文法)等々のエクササイズやワークを

楽しく、自由に実践することが可能です。

しかも、当然すべて【無料】で!

 

 

そして、その内容はまさに留学生が英語圏の

ESL コースで受講するカリキュラムとまったく

同じなのです。ハッキリ言って、これらのサイトを

徹底活用するだけで、英語ペラペラも夢では

ありません。

 

 

英語を話せるようになりたいけれど、

一体何から勉強したら良いかわからない…という

のであれば、まずは海外の ESL サイトを有効に

活用してみて下さい。それだけで相当な力を

身につけることが出来るはずです。

 

 

ただし、問題点は以下の3つです:

1.ESL サイトはネット上に多数ある為、

どんな ESL のサイトを活用した良いのか

わからない…

 

2.全て英語で書かれているので(当然ですが^^;)

どうやって勉強・トレーニングをすれば良いのか

よくわからない…

 

3.エクササイズやワークなどに解答や解説

が載っていないサイトも多いので、答え合わせや

復習が出来ない…

 

 

等々、上記の問題点があるため、せっかくの

良い内容のESL サイトを活用している日本人は

とても少ないのが現状です。確かに、特に初心者

の方は自分でエクササイズを選んで実践するのは

少しハードルが高いかも知れませんね。

 

 

そんなあなたにピッタリなのが、

「自宅でESL!バーチャル留学メール講座」です!

 

 

今夜一杯、キャンペーンで受講生を追加募集

しているこの大人気メール講座では、

毎回リスニング、スピーキング、リーディング、

ライティング、語彙、文法、発音等々、実際の

ESL で実践する数々のワークやエクササイズを

楽しくわかりやすい解説と共にお送りしています。

 

 

海外留学している日本人が、英語圏の学校で

どんな英語の勉強やトレーニングをしているのか?

なぜ短期間で彼らがペラペラになってしまうのか?

そんな謎が解け、さらにあなた自身が日本に

いながらにして同様の勉強・トレーニングを実践

出来る画期的なメール講座です。

 

 

なお、追加募集キャンペーンは今夜をもちまして

全て終了させて頂きます。ご関心のある方は、

ぜひこの機会にご参加下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl-2017/

 

追伸:

そうそう、海外の ESL サイトをまとめた

お役立ち無料レポートも好評です。上記ページで

閲覧・ダウンロードが出来ますので、ぜひあなたの

英語学習にお役立て下さい。なお、こちらも今夜

をもちまして終了させて頂きますのでご留意下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ