奇をてらった英語学習よりもこんな王道を歩みましょう!

 

先日、アイデア商品をたくさん扱っている

お店に行ったのですが、まぁとにかく

面白いグッズが色々と売られていて楽しかった

です。

 

 

例えば、卵焼きのフライパンに溝があって、

そこに卵をといて入れると包丁なしで

一口分の卵焼きが出来るグッズとか、

通すだけでトウモロコシの身を一気に

取ることが出来るカッターとか…。

 

 

まぁ、こんなのは見ているだけで楽しくて、

よくこんなアイデア商品を考えたなぁーと

感心するわけですが、中には「これ絶対に

普通にやった方がラクでしょ?」と思える程

奇をてらった、まさに考え過ぎのアイデア

商品もたくさんありました。

 

 

同様に、英語の学習法なんかも、

とにかく今はたくさんのメソッドがあって、

英語教材の業者は何とかして新しいものを

考案して英語学習者に買って貰おうとするので、

やけに「奇をてらった」英語学習法がどんどん

世に出てきます。

 

 

「聞き流すだけ」なんていう教材は

その最たるもので、確かにキャッチコピーだけは

ものすごく魅力的ですが、当然聞き流すだけでは

どうにもなりませんよね。

 

 

もっとすごいのは、寝ながら英語がペラペラに!

というやつで、昔流行った睡眠学習?的な

ものらしいのですが、これはもう完全に

アウトでしょう(笑)

 

そんな「奇をてらった」英語学習メソッドは

確かに魅力的に感じるものですが、結局

たくさんの英語学習者に指導をしてきて、

そして自分自身が英語の勉強を長年続けてきて

わかったこと、、、

 

それは、結局スタンダードな学習法が一番で

あるということです。別の言い方をすれば、

英語学習の王道を行くのが一番であるという

ことですね。

 

〇〇するだけで、勝手に英語が話せるようになる…

聴き取れるようになる…といったアプローチは

まぁ、言ってみれば「邪道」ということ。

 

そうではなく、英語力を身につけるには

確固たる王道が存在するので、その道をしっかりと

踏みしめ、毎日精進するのが一番なのです。

 

 

今週も楽しみながら英語と接し続けましょう!

 

 

 

追伸:

てなわけで、スタンダードな王道的

英語学習を実践したいのであれば、手始めに

「英語のキホン」から徹底的に復習してみませんか?

これ、マジで力がつきますよ!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/back-to-basic2017/

* あと4時間ちょっとで締切です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ